カテゴリー
未分類

NL839: ニビルの許容

The ZetaTalk Newsletter
2022年10月30日 日曜日 ★839号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★ニビルの許容

世界のエリート達―裕福であるか政治に携わるか権力のある管理者の地位の人々―は、★一般の人々がニビルを認識するようになることを欲するのでしょうか?
彼等は、矛盾を感じます 。 彼等は、ゼータ達が言うように、★頂点に居てそこに留まることを欲し、現状維持が継続することを欲します。 しかし同時に、彼等は、★労働者層が食糧や品物を生産するために生き残ることを欲します。 彼等は、★近くのニビルをただ発表することが暴動と略奪を誘発するだろうと恐れます。
★“発表”を搦め手から忍び込ませる密かな方法があるかもしれないのでしょうか?
どのようにして彼等は、★まことしやかな否認権を維持するのでしょうか?
CNBCが太陽の隣のニビルを見せる時に、それは、何を意味するのでしょう!

★ホワイトハウスは太陽光を反射することによって地球を冷却するための研究を推進している。
2022年10月13日

https://www.cnbc.com/2022/10/13/what-is-solar-geoengineering
ホワイトハウスの科学技術政策局は、地球温暖化の影響を一時的に緩和するために、★地球に達する陽光の量を加減する方法を研究する5年間の研究計画を調整していっています。
★カリフォルニア州は熱気が存続するのでフレックスアラートの連続8日目に入ります。
2022年9月7日

https://kfiam640.iheart.com/content/2022-09-07-california
連続8日目に、カリフォルニア州電力規制局は、長引く熱波がサウスランドと州の大部分を焦がし続けたので、段階的停電を防ぐために電気の使用を抑制するように住民達を促して、水曜日に★フレックス・アラートを課しました。

世界中のすべての国々が“気候変動”に対応する災害計画を有するように、国連事務総長が5年計画を発表したという記事に、★CNBCが同じ日にニビルの写真を含んだのは、単なる偶然の一致なのでしょうか?
気候変動は、もちろん、ニビルによって引き起こされた“地球の変化”のための政治的に需要可能な言葉です。
国連は、★起ころうとしている“ニビルの通過”について一般の人々に知らせるのに失敗した後に、この時期に、指導者としてそれ自体を明示しようと試みているのでしょうか?

★世界の半分が災害のために準備されていないと国連は警告する。
2022年10月13日

https://www.undrr.org/news/un-warns-half-world-not-prepared
国連防災戦略事務局(UNDRR)と世界気象機関(WMO)からの報告は、★世界的に半分の諸国が多重危険早期警戒システムによって保護されていないことを警告します。
事務総長は、すべての国々に、早期警戒システムに投資するように呼び掛け、
「★極端な気象事情が起こるだろう。 しかしそれらは、致命的な災害になる必要がない」。
早期警戒システムは、少々例を挙げれば、嵐、津波、干ばつ、および熱波を含む、差し迫った危険に先立って、一般の人々の損傷や資産の損害を減少するために証明された手段です。 多重危険早期警戒システムは、単一、一斉に、または★連鎖的に起こるかもしれない幾つかの危険に対処します。
寄付者達や国々による報告の提案の実施は、今後5年間、★惑星上のあらゆる人々が早期警戒システムによって網羅されるという国連事務総長の呼び掛けの実現を支援します。

ゼータトーク 洞察 10/16/2022:
 ★差し迫ったニューマドリッド破裂は、権力体制が来るべき事のために一般の人々をどれ程充分に準備させているのかを試すでしょう。
国連は、グローバリストの組織であり、そしてそれゆえに★銀行と富裕層の安楽な生活を狂乱させる指針を提供しないでしょう。 第三世界諸国のための長期計画について舌打ちすることは、おそらく世界が必要とする統率力ではないです。
類似した写真は、肉眼と画像で一般の人々が見ることができる物を見せ、近頃、★世界中で捉えられています。
CNBCと彼等の管理者達は、これが“通常”であり、ニビルの存在に疑問が無いと一般の人々が想定すると希望しているのですか?
ニビルが現実であり、近隣星域にいるという容認がエリート達の間で多大な抵抗に遭遇したので、権力体制は、むしろ、ニビルの“通過”のための結果として起こる準備への★民衆の緩やかな覚醒を希望します。

英国は、★津波の途上にある自国沿岸の居住者達に警告するために緊急事態放送システムを組み込んでいます。
しかし★エリート達の内にニビルについて真実を緩やかに認めることを欲する人々がいるとすると、確実に隠蔽工作が継続するのを欲する人々もいます。 ★ロシアに、ニューマドリッド破裂から発生するどの津波の責任も押し付ける計画を立てている人々のように。
これは、上手くいくのでしょうか?
ゼータ達は説明します。

★緊急事態警報について
https://www.gov.uk/alerts
緊急事態警報は、英国政府による新たな公共事業です。 2022年秋に開始することが予想されます。
緊急事態警報は、★近くに命の危険があるのかどうかをあなた方に警告するでしょう。 緊急事態に、あなた方の電話またはタブレットは、★どのようにして安全に留まるかについての助言とともに警報を受信するでしょう。
★世界経済メルトダウンが迫りくるのでロシアは最後の審判の日の核海洋無人機を配備する。
2022年10月4日

https://www.brighteon.com/ddca3fdf-8d29-432c-9dd0-227f4c9379c7
ロシアは、今、★8機の“黙示録ドローン”魚雷を輸送することができる世界最大の潜水艦を公式に配備しています。
★爆発するときに、これらの無人機の内の1機は、標的とされた国の海岸線地域を浸水させ、それらの地域を居住不可能にする、非常に破壊的な放射性の津波を解き放ちます。 著しく、米国の最重要な権力中枢―政府、金融、軍および貿易―は、海岸線の近くに所在します。
★‘核津波’技術のあるロシアの潜水艦が姿を消す: 報告。
2022年10月3日

https://www.washingtonexaminer.com/policy/defense-national-security/
★ロシアの原子力潜水艦の内のベルゴロドと命名された1艦は、伝えられるところによると、北極の港から姿を消しており、西側諸国は、その先進兵器システムを試験するために準備をしているのかもしれないと恐れます。 ベルゴロドは、海水面化を何100マイルも横断旅行し、★海岸地域の近くで“覚醒津波”を誘発するする能力を推定上持っている“ポセイドン”魚雷で武装されていると思われています。

ゼータトーク 洞察 10/16/2022:
 ロシアの潜水艦ベルゴロドは、10月3日の北極での駐屯位置から不在であることに注目され、ウクライナ問題に関してロシアに降伏するのを拒否している米国かヨーロッパのNATOメンバー達のどちらかに対する脅威として、ロシアがそれを使用することを意図したという憶測を高めました。
これは、始まりから、★油田とガス田をかっさらうためにロシアに侵攻するNATOの計画に単に対抗するためである、ロシアの流儀ではありません。 最近過去に、北極で、★NATOとイスラエルが対DEW(指向性エネルギー兵器)ロシアの潜水艦ロシャリクを攻撃したと考えると―充分な注意を払って、ロシアはベルゴロドを移動しました。

 ニビルの隠蔽工作は、ニビル複合体が空に甚だしく見えるようになり、“毎日の地球のぐらつき”と地震と火山活動の増加は、他に説明がない点で、★転換点にあります。
権力体制内のエリート達が一般の人々に押し付けているすべての嘘の内、★ニビルの隠蔽工作は最も有害です。 ★真実を否定されている一般の人々は、“通過”の1時間の間にすっかり洗い流される沿岸諸都市に沿って生活し続けています。
銀行は、継続的な住宅ローン支払いから利益を受け、企業は、商品やサービスの販売から利益を得ました。

 ★一般の人々は、嘘を吐かれていると悟ったときに、何をするのでしょうか?
彼等(一般の人々)は、安全な地域へ移動して自給自足状態になる好機を、彼等に拒絶した★エリート達をおそらく攻撃します。 どのような犠牲を払っても、エリート達は、ニビルの隠蔽工作を継続し、★近くにいるニビルのどのような証拠に対する口実も使用します。
ロシアがそのベルゴロドを安全地帯へ移動したときに、西側のエリート達は、好機と見ました。 ニューマドリッド破裂が起こる時にヨーロッパと米国東海岸に対する高波が予想されており、そしてこれで今、★ロシアに責任を負わせるでしょう。

10月12日の真夜中に、爆発は、DCのFBI本部で聞こえました。
これは、ビデオに捉えられて、様々なフォーラムで討議中です。 FBIは、質問に応じませんでした。 しかし東海岸断層線がDCの下を走っている点で、そして地震がその日そこで報告された点で、これは、★ニューマドリッドの先触れとなっているだけです。
この日1日、ポトマック川試験用区域は、活動的でしたが、たびたび★FBI本部で衝撃音を生じることが無くても忙しいです。
エリート達が米国の土壌でのニューマドリッド災害のためのまことしやかな否認の口実を計画していたとしても、彼等には、便利なものはありませんでした。

速報: ★DCのFBI本部での爆発。 ライブビデオ。
2022年10月12日

https://www.godlikeproductions.com/forum1/message5254877/pg1
DCのFBI本部ビルでのそれ程明白な爆発。 州は、FBIに電話を掛け、&★FBIは嘘を吐き/これが起こっている事を否定します。 それが起こっている生放送の供給源の証拠を見てください。 …
このDCの事件は、明らかにDCの旧FBI本部のフーバービルからであり、屋上で起こっていました。 …
鳥を追い払うために販売されている装置があります。 小さな音響大砲を満たすためにプロパンガスまたは天然ガスを使い、そしてそれからタイマーに従って頻繁に発砲します。 あなたがたの所有地にカナダ雁が居たら、音響砲を使用します。 私にはそう見えます。
何故それが★午前3時にFBIビルの屋上で爆発しているのか、わかりません。 どのような酔っ払いのはやし立てる声も叫び声も聞いていません。 単なる自動化された音響砲というのが、私の最善の推測です。 …
煙の量とそれぞれの“ドーン(爆発音)”からの時間は、空輸の脅威に発砲していた屋上の自動防衛システムであるように思えます。
1) 音は、どのような秩序もありません。
2) 噴出された煙は、その種の武器と一致しています。
3) 明白な発射体は、それぞれの爆発音(とどろき音)に1つの方向がありました。
私の最良の推測は、これらが、制圧されたそのビルへの内へと向かう脅威であったという事です。 …
約10秒毎に発生しているので、圧力を排出している軽減バルブに関係があると言うでしょう。 ビルは、おそらく今年初めて暖房を入れています。
★2022年10月10~14日の週のためのポトマック川爆発試験場の予定。
https://southernmarylandchronicle.com/category/military/noise-advisory/
ポトマック川試験場ウェブサイトへの歓迎。 このページは、ポトマック川試験場と爆発実験上地域(パンプキンネック)での作戦と活動の予定について毎日の情報を提供します。
これらの施設は、弾薬試験を指揮するために私達の軍によって使用されており、試験が進行中である間、避けられるべきです。

ゼータトーク 洞察 10/12/2022:
 DCのFBI本部ビルでの爆発音と煙を引き起こしていた物についてのすべての憶測にもかかわらず、答えは単純です。
★ニューマドリッド断層線と並行するすべての姉妹の断層線が現時点で活動的であり、東海岸断層線は、DCの真下を走っています。 ★これは、伸張地帯であり、それらは、通常静かですが、にもかかわらず致命的な可能性があります。
旧FBIビルの下の不安定にされて転移している岩は、壁や床がポキンと折れる状態を引き起こすでしょう。 ★FBIは、ニビルについての隠蔽工作があるので、コメントするのを避けており、したがって謎なのです。