カテゴリー
未分類

NL839: 家族を養う

The ZetaTalk Newsletter
2022年10月30日 日曜日 ★839号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★家族を養う

“ビフォア・イッツ・ニュース”のサイトは、家族達が自分達自身を養うように奨励するように、政治活動やCovid詐欺からの休憩を取りました。 ゼータトークのサイトは、★1995年のゼータトーク・サーガの始まり以来、そのメッセージを連打されてきました。

★小さな空間であなた方があなた方が食べることができるさらに多くの食料を生産する方法。
2022年10月16日

https://beforeitsnews.com/food-and-farming/2022/10/how-to-produce
★1/10エーカーで年間6000パウンド以上の食糧は、ロサンゼルスの繁華街からわずか15分に所在しました。
★ダーヴァエ一家は、400種以上の植物、4300パウンドの野菜の食用、900羽の鶏と1000個の家鴨の卵、25パウンドの蜂蜜、さらに1年を通じて季節の果実を栽培します。

ゼータトーク 警告 7/15/1995:
 大変動へと進むと、天候は、予想されない豪雨や、同様に予想されない旱魃とともに予測不可能になります。 今日、世界が、惑星Xの再出現の時期に近づいている数年間の間に、世界中の生産物を出荷して、これらの状況を釣り合いを取る点で、世界のすべての部分は、極端な体験をするでしょう。
★油断のない眼によって注意深く手入れされた裏庭の菜園は、存続するでしょう。 しかし人口密集地域に供給される大量の換金作物は、ほとんどが市場に出回らず、それに応じて★価格が上昇するでしょう。 そのような時代に対して競う店舗は、開拓します。
少々後に、これら店舗は減少し、そして政府は神経質になるでしょう。 いっそう暮らし向きの良い国々から絶望的な人々まで、★支給物を手渡すことは中止されます。
★準備をして、自分達自身と自分達自身の注意深く手入れされた菜園に頼っているそれらのグループは、飢餓と敵意の間で窮地に陥らないでしょう。 幸運なことに、★栽培が最も簡単な生産物は、食料品として最も節約的です。
人間達は、★彼等の近過去に戻って、これらの教訓を再学習する必要があります。

このニュースレターは、定期的にこのメッセージを繰り返しています。
あなた方が都市か都市郊外に住んでいるならば、すぐに始めなさい!
2013年に、私達は、ミルウォーキーで革新的で大成功を収めたグローイング・パワーの実例を含む、★都市の菜園を取り上げました。 都心部のスラム街は、★水槽や放し飼いの鶏さえも完備した繁栄する菜園になる可能性があります。
ゼータ達は、ふたたび、可能ならば都市から引っ越して、★自給自足の準備をするように助言しました。


★都会の農家の夢が報われる
2008年9月25日

http://www.nytimes.com/2008/10/01/dining/01genius
グローイング・パワー組織は、葉物野菜、ハーブ、および野菜用に6個の温室と8個の簡易温室があります; 山羊達、家鴨達および七面鳥達のための畜舎; 鶏小屋と養蜂箱; およびティラピアと鈴木類の淡水魚の養殖のためのシステム。
高度な堆肥作業―★実質的な蠕虫(ミミズ)養殖場―と、★食料品廃棄物を肥料やエネルギーのためのメタンガスに変える方法に取り組んでいる研究所があります。
★約3ダースの常勤の作業員達とボランティアとして参加している2000人の住人達とともに、彼等の活動は、約$500,000ドルの価値の入手可能な生産物、肉および魚を育てます。
数百万パウンドの食料品廃棄物を使って、農場は、それから数千パウンドの蠕虫(ミミズ)達によって肥やされる無限の堆肥の山、世界で最高品質の肥料を生産します。
★都会の菜園の豊富さ
2011年7月11日

http://downsizemyspace.com/tag/vertical-gardening/
★野菜の豊作を自宅に持ち帰り、隣人達と共有するのを好むならば、地域社会の菜園があります。

ゼータトーク 描写 8/23/2014:
 国家元首達の最初の反応は、暴動に身構えることです。 権力体制は、あらゆる作物不足、あらゆる水不足、あらゆる地震または災害の増加が、政府の行動への要求とともに、★起ころうとしている“通過”に関連されることを期待します。
それから何でしょうか?
国や文化次第で、★戒厳令は、あらゆる場所で展開するでしょう。
★生き延びたい人々は、旅行制限が課される充分前に、田舎の地域へ引っ越して、菜園造りや家禽や家畜の群れを買うことを学ぶことを、私達は、終わり無く助言しています。 ★国内に足掛かりを保持すると、その結果、時が至るときに、あなた方とあなた方の家族がそこに引っ越すことができます。

それから2016年に都市内だけでなく、都市郊外においても、家族または地域社会の菜園造りを確立する傾向と調和して、私達は、★郊外の菜園に注目します。
生活協同組合の概念は、★グループが菜園造りをして生産物を共有する公共輸送業務を獲得しています。 生産物が豊富であるなら、生活協同組合は、売るために生産物を市場で売ります。
2019年までに★デトロイトの生活協同組合は、強力な模範でした。

★フロリダの芝生は食用の農場へと変形していく。
2016年6月1日

https://www.huffpost.com/entry/fleet-farming-urban-farms-florida
ゲイリー・ヘンダーソンは、彼の芝生を食べることができます。 フロリダ州オーランドの彼の自宅の前庭には、トマト、ニンジン、甘いレタスおよびアーギュラの列が整然と並びます。 ★ボランティア達は、彼の豊かな野菜の菜園を維持するために、定期的に彼の自宅を訪問します。
ヘンダーソンは、そこで育つ物は何でもの内の1部を無料で保持します。 残りは、地域の市場で売られ、それらの★売り上げの100パーセントが組織に還元されて、灌漑、堆肥および種子のような必要経費を補填します。
持続可能な都市計画センターによると、平均的な米国人の食事が農場から食卓まで届くのに約1500マイル移動すると概算されます。

★牧師は黒人教会での食糧不安を終わらせるために信仰と農場を融合する。
2019年2月4日

https://wtop.com/lifestyle/2019/02/i-wanted-to-do-more-for-people
メリーランド州バルティモアのプレザントホープ・バプティスト教会の牧師は、彼の信徒達の内のいっそう多くのメンバー達が食餌関連の病気に苦しんでいることに気づきました。 ゆえにブラウンは、聖句に加えて種子にも救いを求めて、★教会の前の1,500平方フィートの小区画の土地で菜園を始めました。
今日、その菜園は、ペポカボチャからケールまであらゆる物を栽培して、1,100パウンドの生産物―毎週礼拝するために集まる地域社会を養うためのすべて―を算出します。 ブラウンは、日曜礼拝の後に簡単な市場を教会にもたらすために★地域の黒人農場経営者達と提携しました。
2015年に、ブラウンは、黒人教会食糧安全保障ネットワーク―★持続可能な食糧システムを確立するために黒人教会に自立を促す草の根運動戦略―を開始しました。 緊急事態の状況では効果的ですが、長期の解決策ではない慈善事業を、頻繁に、食糧不安な地域社会は受け取ります。

2020年までに家族を養うことは、果樹やイチゴ類の茂みや山羊達のための牧草地や鶏達の放し飼いを含んだ★1エーカーの農場の概念へと果敢な飛躍を遂げていました。
この概念は、★2020年11月2日のUSAEBN定期的な放送で特集し、ユーチューブとして、または★ゼータトークチームによって提供される非営利のDVDまたはダウンロードの1部として利用可能です。

★1エーカーの農場:
エーカー・フットボール、グローイングパワーの例、庭の大きさ、放し飼いの鶏達、鶏小屋、抱卵する鳥達への気配り、山羊達または羊達のための牧草地の大きさ、1人当たりの面積、小さな家の一時的流行、苺、蔓植物、菜食者の必要とする栄養。

ゼータトーク 声明 6/28/2021:
 ★ゼータトーク・メッセージの私達、利他的なゼータ達は、同様に、フアン・マルティネスに、この厳選されたビデオグループに含まれる私達自身からのどの引用文も複製して配布する許可を与えます。
私達は、ナンシーを、★自給自足のための最良の実践に焦点を当てるように選択過程において指導しました。
★インターネットは、ポールシフトまで残る数年間の間にEMP襲撃下になるので、ゆえに個人的なDVDのコピーは、実用的な取り組み方です。