カテゴリー
未分類

803: ラヤンを救え

The ZetaTalk Newsletter
2022年2月20日 日曜日 ★803号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候
#ラヤンを救え

9月5日に、★井戸の穴に104フィート(約31メートル)落下していた5歳の少年が救出されることを希望して、世界は、釘づけにされました。
彼は、生きており、彼を眺めるためにカメラで見られ、水を飲んでいました。
しかし数日が過ぎて、ラヤンへと交差するトンネルを掘るために平行の穴を掘削するというほぼ不可能な作業は、進行中の緩い土壌と地滑りによって複雑になりました。 倒壊に対する添え木は、繰り返し挿入されなければなりませんでした。 ★彼は、到達される前に死亡したか、昏睡状態に陥りました。

★救出チームが小さなライアンを救助するためにトンネルに入ります。
2022年2月5日

https://www.dailymail.co.uk/news/article-10479437/Rescue-workers-SIX-feet
救出チームは、★地下100フィート以上に4日間閉じ込められている5歳のモロッコ人の少年に到達したのを、今日、確認しました。
洞窟がどの瞬間でも崩壊するという恐怖が固執するので、世界は、息を殺して見守りました。 救出隊が少年が閉じ込められた96時間後についに‘身動きしない’少年に到達した後に、医療チームは待機していました。
モロッコのメディアは、蘇生専門家達が救出隊といっしょにトンネルに入ったと報道して、5歳の子供が潜在的に救命医療の治療を必要とするという恐怖に火に油を注いでいます。 しかし地滑りの危機のためにほんの6フィート離れた少年に達する最後の一踏ん張りは、最も難しいものとなりました。

世界は、祈りと愛を投げかけて、小さなラヤンを救うために何らかの介入を希望していました。 ★天使達による介入の手を示すように見えた、多くの過去の悲痛な状況がありました。
例えば、★1987年の赤ちゃんジェシカの救助です。 テキサス州の井戸のパイプの狭苦しい位置に動けなくなった50時間後に、彼女は、赤ちゃんジェシカが所在した場所へ横切るトンネルと並行する井戸の穴をとおして救助されました。
彼女の救助は、★後に現場の救急隊員達の内の1人が結果として生じたPTSDのために自殺した程に、苦難が無いわけではありませんでした。
ゼータ達によると、介入は、溶接機がパイプを切断する間、★赤ちゃんジェシカが火傷するのを妨げていました。

★ジェシカ・マックルアの救出
https://en.wikipedia.org/wiki/Rescue_of_Jessica_McClure
消防士達と警察がジェシカが引っ掛かっている井戸に平行した立坑を掘削する―そして彼女を救出するためにさらに水平の交差トンネルを掘削するために―計画を展開したテキサス州ミッドランドで事故は発生しました。
★ジェシカが井戸に落ちた45時間後に、隣接立坑と交差トンネルは、完成しました。 掘削する間に、救出者達は、★ジェシカが“クマのプーさん”を歌っているのを聞くことができました。
医療補助員ロバート・オドネル(1957年8月27日生)は、救出後の心的外傷後ストレス障害に苦しんでいたために、ショットガンによる頭部への銃撃によって1995年4月27日に37歳で自殺しました。

それから★チリで33人の鉱夫達が鉱山で動けなくなった2010年の事件がありました。
チリ大統領が彼等を連れ出すために費用を惜しまないと言って、全員が救助されました。 平行な鉱山立坑が閉じ込められた鉱夫達に達するように掘られて、一人ずつエレベーター装置で連れ出されました。 全員が生き残りました。
ゼータ達によると、多数の祈りと愛が世界中から投じられたけれども、★人間の手によって成功していたので、介入は必要とされませんでした。

ゼータトーク コメント 10/23/2010:
チリのロスの鉱夫達33人は、彼等の個人的な不屈の精神、強力な家族の絆、そして★倒壊や浸水の可能性の低い避難場所を設置するという鉱山の先見の明の組み合わせのために生き残りました。
倒壊したのは入り口であったので、それゆえに鉱夫達自身は、倒壊の間、傷つけられませんでした。 それは爆発ではなく、それゆえに酸素欠乏は問題ではありませんでした。 鉱山は、世界中の多数の営利目的の鉱山のように、救助に費用も労力も惜しむことをせずに、費用のために先延ばしにしない、チリの国営でした。
★これらの問題すべては、役目を演じましたが、魔法または介入は必要とされませんでした。

介入の手は★タイの少年達が上昇する水によって洞窟に閉じ込められていた間に公然と明白でした。
彼等は、もはや歩いて出ることができず、スキューバ装置もなく、彼等の半狂乱の親達も彼等が何処に居るのか知りもしませんでした。
ゼータ達によると、★介入―降雨の調整が期待されました―は簡単でした。 ★少年達がいた洞窟は浸水されず、一人ずつ少年達を引き出す機会を救助チームに与えました。
すべての少年達が生存した点で、★この救助もまた犠牲者無し―引退したタイのSEALチームのメンバーの死―ではありませんでした。

★救助隊隊長は成功した作戦を“愛の力”によって励まされたと賞賛する
2018年7月9日

https://www.dailymail.co.uk/news/article-5935535/Coach-left-Thai-cave-divers
少年達は、弱っていて、がつがつとなるほど空腹です。 ★少年達全員が、病院に到着したときに低体温賞を患っていました。
英国の洞窟専門家達は、100人以上の潜水夫達を含んだ3日間の作戦の最前線に立っています。 7人の英国人達は、18人の国際洞窟潜水夫達と5人のタイ海軍SEALSのエリート達を含んだチームの一部として、危険が潜むトンネルを通って、少年達に付き添いました。

ゼータトーク 洞察 7/31/2018:
タイ洞窟救助の間、少年達の両親達や友人達によるだけでなく、世界全体による“愛のほとばしり”がありました。 彼等の状況―暗闇の中で連絡手段もなく、再び洪水の水が上昇するのを待っている―は、ほとんど誰もが関わることができるものでした。 ★世界中で感じられた感情移入は、強力であり、助長されたので、★宇宙協議会は、★例外を認めました。 救助は、人間の手によっておこなわれましたが、★モンスーンの天候を延期することは、★アジアに臨在する宇宙協議会の異星人達によって容易におこなわれました。

ゆえに★何故、モロッコの幼いラヤンは生きなかったのでしょうか?
確実に★世界中からの愛のほとばしりがそこにありました。 確実に★多数の専門家チームは、ラヤンを到達するために現場で日夜働いていました。 ラヤンとの連絡は、しかるべく機能しており、さらに酸素と水と灯り付きのカメラもありました。 取り出す瞬間までも、注意深く手で掘っている人々は、伝えらえるところによると、彼とお喋りしていました。
彼が★首の骨折と背骨の負傷を負っていたという報告もありました。 それから彼は死亡し、蘇生法を専門とする医療チームが呼ばれました。
ゼータ達によると、これは、★ラヤンの決断でした。

ラヤン: ★4日間井戸に閉じ込められたモロッコ人少年が死亡する。
2022年2月6日

https://www.bbc.com/news/world-africa-60275177
ラヤン・オラム少年を開放する努力は、井戸に集まった数百人の人々とオンラインでフォローしていた数千人以上の人々とともに国に握られていました。 ソーシャルメディアで、国と世界中でトレンド入りしていたハッシュタグ#ラヤンを救えを使っていた人々は彼等の歓喜を表現しました。
しかしこれは、★数分後にラヤンが死亡したと発表する声明が来たときに悲嘆へと変わりました。 事故は、マラガ市近くの試掘孔へ2歳の少年が落下した後に死亡した、2019年のスペインでの同様の悲劇の回帰です。

ゼータトーク 洞察02/28/2022:
閉じ込められた子供達の劇的な救出の間に、介入は、何時、宇宙協議会によって許可されるのでしょうか?
1867年に井戸の立坑からジェシカ赤ちゃんの救出の間、私達のゼータトークはまだウェブサイトがありませんでした。 この救出は、実際に井戸が切断されていた間に★井戸のパイプを冷却することで介入を受けました。
そして2018年のタイの洞窟の救出の間に、タイの洞窟に閉じ込められた少年達が、★親切な異星人達によって簡単に手配された天候の出来事である低い降雨量における介入によって助力されました。
チリの33人の鉱夫達の救出は、救出を必要としませんでした。
★何故、モロッコの井戸に閉じ込められたライアンの救出は、介入によって助力されなかったのでしょうか?

確かに、必要な構成要素の1つ―愛と懸念の燃焼―は存在しましたが、鍵となる構成要素は、失われていました。
ライアン少年は、井戸への落下の間に酷く負傷していました。 彼は、首の骨が折れて、背骨を負傷しており、★生涯半永久的にい肢体不自由者となるでしょう。 救出できないと思われていた間、★彼の幼い魂は世界中の数千人の人々からの愛の燃焼によって持続されていました。
しかし彼がまさに救出されようとした瞬間に、彼は、★おそらく結果―恒久的な麻痺―に直面して死が彼に襲い掛からせる決断をしました。