カテゴリー
未分類

803: mRNAワクチンの恐怖

The ZetaTalk Newsletter
2022年2月20日 日曜日 ★803号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★mRNAワクチン恐怖

 

さらに別の恐怖は、mRNAワクチンが人体に及ぼす途方もないもののリストに加えるように現れ出ています。
その間に、支配しているエリート達は、ワクチンによって引き起こされた死者と障害者の増加とほぼ歩調を合わせて、一般民衆がさらにもう1つの追加抗原刺激を受けるように要求して、★新生児まで年齢を下げて子供達がこの毒物をワクチン接種されることを要求します。
胎盤の縮小、そして疲弊した免疫系によるAIDSのタイプと若者達の間での心臓発作、そして今、死体防腐処理者達により発見された★蠕虫のような血栓です。

衝撃的なインタビュー: ★死体防腐処理師は皮下注射された人々の中に“奇妙な血栓”を見つける
2022年1月28日

https://www.newswars.com/pivotal-interview-embalmers-finding-strange-clots-in-jabbed-people/
ジェーン・ルビイ博士は、★死んだ米国人達の静脈に見つけられている“奇妙な血栓”について言葉の真意を理解するために、長期にわたる防腐処理師リチャード・ヒルシュマンと話しました。
ヒルシュマンが出くわした故人の多くは、伝えられるところによると心臓発作または卒中で死亡しました。 葬儀屋は、これらの注射された患者達に防腐処置を施そうとしたときに抵抗に遭遇し、それからこれらの奇妙な物質を見つけ、それらを★遺体の大きな脈管から引っ張り出したと言っています。 ★防腐処理師は、典型的な血栓が“滑らか”で、拾ったり、振れたりすると、簡単にバラバラになると言いました。
★「しかしこの白い繊維物質は、非常に強力です。 まったく弱くありません。 あなた方はそれを触診することができ、それは非常に柔軟です。 それは非常に頑丈です。 それは正常ではありjません」
★写真上方に見える血栓のある特定の人物は、Covidのワクチン接種されており、Covidにも感染していました。
「私は、私自身の同僚と連絡し、そして彼等は同じ物を見ていました」と、経験豊かな防腐処理師はルビイ博士に話しました。

ゼータトーク コメント2/28/2022:
 血栓は、mRNAワクチンによって引き起こされた数10の既知の副作用の内にあります。 それらが★若者に心臓発作を引き起こすことは、充分に立証されています。
mRNAワクチンは、★胎盤に不可欠なシンサイチン‐1蛋白質を攻撃することによって胎盤を縮ませます。 臨月の赤ちゃん達の流産が結果として引き起こされました。
神経損傷は、ワクチン擁護者達によって否定されましたが、★ニューマン知事のワクチン接種の結果として続いた麻痺が示すように、統計は、ギラン‐バレー症候群とベル麻痺が結果として頻繁に生じたことを示します。
★免疫システムを疲弊させて、一時的なAIDSのタイプを引き起こすことは、英国保健省によって充分に立証された結果です。

 今さらに別の恐怖の物語が葬儀屋達の証言から現れ出てきています。 ゴム状の、蛇のような血栓が、最近ワクチン接種された人々の血管から引っ張り出されました。
若者達の間での心臓発作は、★酸化グラフェンが水酸化グラフェンに変形して、心臓を攻撃する小さな安全剃刀のように行動することに起因されています。
しかしこの過程にはさらに多くの事があります。 ★心臓発作は、心臓が酸素を不足するように詰まった動脈によって引き起こされます。
葬儀屋の写真から見ることができるように、これらの★ゴム状の血栓は、完全に血流を塞ぎます。

 Covid‐19の世界的流行病の歴史は、西側のエリート達がこのインフルエンザを、★一般の人々を封鎖して制御するために使用していることを示します。
Covid‐19は、単なる悪性のインフルエンザであり、主として高齢者に影響を及ぼします。 非常に幼い者達は、それに罹ったのを知りさえしません。 ★一般の人々に封鎖やマスクが課されなかったスウェーデンのようなそれらの国々は、集団免疫を素早く発展させてうまく免れました。
しかし西側のエリート達は、代わりにワクチン接種義務付けとワクチン接種証の使用を課しました。 これらの命令は、★説明なしに突然に撤廃されました。 おそらくこれらの西側諸国での戒厳令は、いっそう効果的に操作されるでしょう。