カテゴリー
未分類

803: ニューマドリッドの歴史

The ZetaTalk Newsletter
2022年2月20日 日曜日 ★803号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★ニューマドリッドの歴史

 

ゼータ達は、★ニューマドリッド断層線の破裂がミシシッピ川の進路に沿った柔らかい岩がニューマドリッドの町で硬い岩と出会う場所で大きな急激な揺れとともに起こると、ゼータ達は述べています。
これは、一連の大地震として描写される1811~1812年の大地震の震央でした。
2022年のニューマドリッド調整は、今回、私達が★ニビルの通過を要因として入れなければならないので、1811~1812年の調整を反映しないでしょう。 しかしゼータ達は、ポールシフトの時機までゼータ達が“余震”と呼ぶ物があると述べています。
歴史的な記録によって見ることができるように、★1811~1812年の“解開”が実際にミシシッピ川に沿って北上しました。

★二次的な地震―ニューマドリッド地震地帯: 進行中の緊急事態の間の応答
https://hdiac.org/articles/secondary-earthquakes-new-madrid-seismic-zone-response
ウェブスターは、余震を、“地震の主要な衝撃へと続く小規模な揺れ”と定義します。 ★この定義は、ニューマドリッド地震地帯に当てはめた場合、危険な程、誤り導いています。
NMSZ地震の連鎖は、1811年にそれ自体、長期にわたる一連の主要で強力な地震として最後に現れました。 孤立した時間の流れによって図解されたように、1811~1812年のニューマドリッドの連鎖は、4回の大地震(12月16日の‘夜明けの余震”を含む)と多数の損害をもたらす余震の1グループであり、8週間の期間にわたって広がりました。
余震は、★少なくとも4回のマグニチュード6の事象と少なくとも5回のマグニチュード5+の事象として発生しました; それらのすべては、特にすでに大地震によって損傷した建物があった場合、付加的な損傷を引き起こす潜在性がありました。 日誌、日記と新聞の話に見つけられた詳述された目撃者の記録から、★この時期の間に数百のいっそう小さな地震/事象がありました。

ゼータトーク 予測2/28/2022:
破裂が突然であり、★ほぼ即座に大西洋中央部の破裂へと続く1つの大きな急激な揺れであると、私達は述べています。
私達が予測している★突然の揺れへと導く最後の痙攣がメキシコ湾から生じて、そこからミシシッピ川へニューマドリッドの町へと北上すると、私達は述べています。 これが★譲るのに抵抗する硬い岩に柔らかい岩が出合う場所であるためにニューマドリッドの町が鍵となる場所であると、私達は述べています。
したがって★これが破裂する時に、急激な揺れがあるでしょう。 これはまた、1811~1812大地震の震央でした。

 すべての注視は、★テワンテペク地峡でメキシコの先端の所在するニューマドリッド断層線の始まりにあります。
オクラホマ州とテキサス州でのほぼ絶え間ない群発地震は、柔らかい土地の南西への転移を指摘します。
★南東部分がその境界にしがみつき、この震えは、海岸地帯とニューイングランド州地域に沿っての災害を引き起こします。
その間に、ミシシッピ川にかかる橋は、無傷のままですが、今、★西の土地が南西へと引っ張り下ろされて行っているので脆弱です。

ニューマドリッドの町のどちら側の岩の中の緊張も、どちら側の単なる絶え間ない地震以上の物に見ることができます。
アパラチアン山脈の東の硬い岩とオザークの西の硬い岩があります。 これらの硬い岩の区域、特に★オザークの圧力は、ゼータ達が“電子のキーキー音”―岩の内部の電子の流れの存在―と呼んだものを生じます。
これは、★1月31日にミズーリ州パインビューのオザーク上空に目の覚めるような青い渦巻きを結果として生じました。

ゼータトーク 説明2/28/2022:
 ★オクラホマ州とテキサス州での地震がそこの土地が南西へと引っ張らり下ろされていることを示すならば、どのようにしてこれは、オザークの硬い岩に影響を及ぼすのでしょうか?
★この南西への滑りが硬い岩をニューマドリッドのどちら側にも引っ張り離すときにニューマドリッド断層線の破裂が発生すると、私達は確証しています。
その間にオザークは、岩の圧縮を体験していき、そしてこれは、結果として岩の中に電子のキーキー音を生じます。 このキーキー音は、★接地したい、★大気中のどの電荷の誘引物質でもあります。
この青い渦巻きは、2009年のノルウェイの渦巻きに非常に類似しています。

 ★オザークの渦巻きの所在地に注目してください。
それは、★オクラホマ州の群発地震とニューマドリッドの町の間に位置します。
岩層の地図は、メキシコ湾を取り巻く柔らかい岩が、★米大陸の東と西の間の門口の歩哨のように位置するニューマドリッドの町で終わることを示します。 最後のニューマドリッド断層線の破裂を始める急激な揺れについての正確なデータと時間は、まだ確立されていませんが、明らかに間近に近づいています。
★オザークは引き裂き離されていません。 ★アパラチアン山脈は引き裂き離されていません。 しかし★断層線は引き裂き離されるでしょう。

ニューマドリッドの小さな町のどちら側の硬い岩も綱引きに関わるならば、★北米大陸の南東部分のどちら側にも綱引きがあります。

ゼータトーク 説明2/28/2022:
 南東部分は、★二重に忠誠―1つは、カリブ海プレートとアフリカプレートにくっついたままに留まり、他方は本土部分に付着したまま留まる―があります。
プレートまたは断層線が引っ張り離されるときに、発生するパターンがあります。 ★付着の1つの部分は、その保持を開放し、緊張をもう1つの保持地点へと手渡します。 これは、ここで南東部分のために見えるように、前後に移動することができます。 ★中部大西洋は、弱い箇所であったので、“岩の指”をポキンと折りました。 今、緊張は、ニューマドリッド断層線に戻ることができます。

ゼータトークは、同様に、★ニューマドリッド破裂が“メキシコ湾からの北上”を続行し、そこからミシシッピ川ん沿って北上すると予測しています。
1811~1812年の歴史的記録は、この進路を示します。 そしてカリブ海プレートがはっきりと急激に揺さぶられた★1812年にカラカスで強力な地震がありました。
ゼータ達は、★2022年のニューマドリッドの“解開”の後にサンアンドレアスを北上する調整が起こると述べており、そしてこれは、1812年に起こったカピストラノ地震に歴史的に見ることができます。

ゼータトーク 予測2/28/2022:
 “メキシコ湾から北上する”という言い回しによって、何が意味されるのですか?
★ココスプレートのテワンテペク地峡とテワンテペク海嶺の地質学の分析は、これがニューマドリッド断層線の始まりであることを示します。
★1つの側が東へ、他の側が西へ引っ張ります。
1811年~1812年のニューマドリッド地震の歴史は、当時、北米を揺さぶった大地震へと導くどのような手掛かりも新たに提供しません。 破壊が引き続いて起こったニューマドリッドの町の近くでの突然の急激な揺れがありました。

 定期的な★ニューマドリッド調整は太平洋が圧縮して大西洋が拡大するので発生し、そしていずれの場合にも、西海岸は弓状のしなりを進展し、★本土部分の南西への滑りの間にココスと結合したプレートが滑落のための余地を作るように粉砕して、緩まらなければなりません。
★過程は、滑動の大部分がミシシッピ川からはるか遠くで起こったので歴史の霧の中で失われており、そして過去に、ペメックスのガス田に交差して、メキシコ湾の深部を横断したので、誰も断層での活動を追跡することができませんでした。

 ★川が地殻の薄い地点にあるので低地を流れており、その理由―したがって低地である―のために垂れ下がっていると、私達はたびたび述べています。
★ミシシッピ川は、非常に長期間にわたって繰り返し引っ張られているニューマドリッド断層線に沿って走っている好例です。
新たな破裂が進行中であるときに、ココスプレートで、またはココスプレートの近くで起こっている★粉砕の増加があるでしょう。 テワンテペク地峡で起こっている★連打する地震があるでしょう。
そして破裂がミシシッピ川を北上し始めるまで感じられない、★メキシコ湾の深部の断層線の静かな引き裂けがあるでしょう。
これが次です。

★1812年サン・フアン・キャピストラノ地震
https://en.wikipedia.org/wiki/1812_San_Juan_Capistrano_earthquake
単にキャピストラノ地震またはライトウッド地震としても知られる、1812年サン・フアン・キャピストラノ地震は、★12月8日にアルタ・カリフォルニアで起こりました。
衝撃の影響と様々な断層の破裂の詳細は、提案されているメルカリ強度のⅦからⅨへと導きました。 ★低数値の6.9から高数値の7.5までのマグニチュードもまた公表されました。
★1812年カラカス地震
https://en.wikipedia.org/wiki/1812_Caracas_earthquake
★1812年カラカス地震は、3月26日午後4:37にベネズエラで発生しました。
リヒター・マグニチュード計測で7.7を計測しました。 数えきれない物的損害に加えて、概算で15,000~20,000人の人々が結果として死亡しました。 ★地震の動きは、非常に重大であったので、バジェシージョと名付けられた地帯では、新たな湖が形成されて、ユルビ川が堰き止められました。

ゼータ達はまた、★本土部分が南西へ引っ張られるときにミシシッピ川の西の土地が落下するだろうと予測しました。
これは、★西の土地が既にミシシッピ川の湾上地形に沿って既に沈下しているように、地質学的歴史から見ることができます。
ゼータ達は、差し迫った2022年ニューマドリッド破裂の間に、★ミシシッピ川に沿った数か所の地点が50マイルまで広がると予測しています。

ゼータトーク 予測 8/16/2006:
 これが北米プレートに何をするのでしょうか?
対角線上に引っ張って、★ミシシッピ川の東の土地が北上してニューイングランド州に向かって東へ移動し、★ミシシッピ川の西の土地が南下して西へ移動するような状態でニューマドリッドに沿って岩の指を引き裂きます。
これは、ミシシッピ川に沿ったほとんどの橋を引き裂く以上の事をおこない、★ミシシッピ川の西の土地を弱めて落下する原因となります。 ミシシッピ川の東の土地は、メンフィスの断崖の岩であり、ミシシッピ川に向かってテネシー州とアラバマ州を通ってアパラチアン山脈がカールする場所の根底にある岩です。
しかしオザークの南の土地は、頑丈な岩ではなく、★伸張するときに標高を下げるでしょう。

ゼータトーク 予測 2010:
 ★大幅に拡大したミシシッピ川の可能性は、イリノイ州境界の南で発生します。 この地点の南で海水面高度がいっそう低く、★岩層は、この地点の北または東とは異なった性質に属します。
これは、ミシシッピ川が、イリノイ州の州境とミシシッピ川のデルタの間で西に広がります。 ★ミシシッピ川が、どの特定の場所のその曲がりくねりや岩か土壌の安定性によって譲るか奪うかして、50マイルまで広がると、私達は概算します。