カテゴリー
未分類

804:スターリンク喪失

The ZetaTalk Newsletter
2022年2月27日 日曜日 ★804号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候
★スターリンク喪失

イーロン・ムスクのスターリンクは、まさにスペースXが成功であるように見えたように、成功のように見えました。
★何が、一連の人工衛星の計画された打ち上げが太陽嵐の中で失われる原因となったのでしょうか?
私達は、辛うじて太陽極小期から外れています。 ゼータ達は説明します。

★イーロン・ムスクのスペースXは地磁気嵐が先週公転軌道に打ち上げられた49機のスターリンク人工衛星の内の40機を磁気嵐が一掃したと言っています。
2022年2月9日

https://www.businessinsider.com/spacex-lost-starlink-satellites
イーロン・ムスクのスペースXは、地磁気嵐のために選集公転軌道に打ち上げられた40機のスターリンクの人工衛星を失ったと言いました。 航空宇宙会社は、火曜日(2月3日)にファルコン9ロケットを経て、★低地球軌道へ49機の人工衛星を送りました。 それらの人工衛星の内の約80%が金曜日(2月4日)に地磁気嵐によって“掃討に衝撃を受け”ました。
太陽から地球への噴出が★2月9~10日に地球を襲い、磁気嵐、オーロラの引き金を引きます。
2022年2月8日

https://www.indiatoday.in/science/story/coronal-mass-ejection
地球が穏やかな磁気嵐によって襲われたほんの1週間後に、太陽は、また再び惑星に向かって強力な噴出をぶつけました。 活動が太陽表面で上昇し続けるので、太陽は、★2月9~10日に地球を襲う線条噴出を爆発させて、もう1つの磁気嵐の引き金となりました。
★40機のスターリンクの人工衛星が磁気嵐によって運命を定められました。
2022年2月9日

https://earthsky.org/space/40-starlink-satellites-doomed
太陽は、現在、11年の黒点周期(太陽周期25)の上昇部分にあります。 言い換えれば、太陽活動は、上向きであり、今後数年間で増加すると予想することが可能です。

ゼータトーク 洞察 2/28/2022:
ムスクと権力体制内の他の者達が太陽の所為にしている点で、これらの磁気嵐は★太陽から生じていません。
権力体制がどの電磁気の擾乱も太陽の所為にするだろうと、私達は長い間予測しています。
現行の太陽周期は、太陽周期極小期がまだ進行中であり、★太陽に太陽黒点も太陽フレアも見えないような状態です。 シューマン共振の図表は、★現時点で少しの太陽活動も示していません。
★ゆえにムスクのスターリンクの人工衛星が打ち上げ失敗となる状態を何が引き起こしたのでしょうか?

昨年2021年6月、★ニビルについての“覚醒”を強制するために宇宙協議会によって承認されたa href=”http://www.zetatalk.com/ning/30ju2021.htm”>“酷いぐらつき”を、私達は予測しました。
ニビルに対する隠蔽工作は、★エリート達のために暴動の怖れや移住が減少されるように一般民衆を抑制して、彼等の自宅に閉じ込めたいエリート達だけの要求を満たします。 彼等は、★この目的のためにCovid-19(ワクチン接種)義務付けとパスポートを推進しています。 彼等は、★一般の人々が安全な場所に移動できないように、そして銀行業システムが消滅しないように、借金奴隷状態の閉じ込めておきたいのです。
エリート達は、“ニビルの通過”の間に生き延びるための準備をおこなっていますが、★この好機を一般人には否定しています。

ムスクと彼のスペースX作戦とスターリンク作戦は、彼が仲介するエリート達の道具です。 彼の人工衛星ネットワークは、真実を報告すると予想することができず、確実に★ニビルの証拠を一般の人々に提供していません。
代わりに、ムスクは、押し売り主義と私達が呼ぶ彼の火星植民計画のために、★エリート達から資金を収集しています。 財務上の損失は、★アフリカでのインターネットアクセスを設立するためのザッカーバーグの計画がゴミとして処分されたときにおこなわれたように、★宇宙協議会からのメッセージを強調するために宇宙協議会によって使用されています。

常勤のポールシフトニング・コムの太陽フレアについての専門家は、太陽活動が既に存在した2月3日にムスクが打ち上げたと指摘します。
それは、ムスクによって危険と考えられませんでした!
しかし2月4日までに悪化しました。 ★ムスクは、これが生じるのを予想しておらず、人類のどの監視装置も見えませんでした。

一連の強力な磁場変動は、2月4日とまさに同じくらい多大に2月3日にも発生しました。 2月3日東部標準時午後1:13の離昇の1日後に磁気嵐が発生したと主張されました。
何故、彼等は、★2月3日の地球の磁気圏への最初の主要な暴風であった物のすぐ後に打ち上げたのでしょうか?
太陽周期25: ★活動は過熱しています。
2022年2月9日

https://www.almanac.com/solar-cycle-25-sun-heating
太陽周期25活動は、加熱していっており、驚くべきことに予報よりも強力です!
★この新たな太陽周期は、荒れたものになるですか、それとも静かなものになるのですか?
太陽周期25は、2019年12月に始まり、2025年半ばに頂点を迎えると予想されています。