カテゴリー
未分類

804:

The ZetaTalk Newsletter
2022年2月27日 日曜日 ★804号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候
★スターリンク喪失

イーロン・ムスクのスターリンクは、まさにスペースXが成功であるように見えたように、成功のように見えました。
★何が、一連の人工衛星の計画された打ち上げが太陽嵐の中で失われる原因となったのでしょうか?
私達は、辛うじて太陽極小期から外れています。 ゼータ達は説明します。

★イーロン・ムスクのスペースXは地磁気嵐が先週公転軌道に打ち上げられた49機のスターリンク人工衛星の内の40機を磁気嵐が一掃したと言っています。
2022年2月9日

https://www.businessinsider.com/spacex-lost-starlink-satellites
イーロン・ムスクのスペースXは、地磁気嵐のために選集公転軌道に打ち上げられた40機のスターリンクの人工衛星を失ったと言いました。 航空宇宙会社は、火曜日(2月3日)にファルコン9ロケットを経て、★低地球軌道へ49機の人工衛星を送りました。 それらの人工衛星の内の約80%が金曜日(2月4日)に地磁気嵐によって“掃討に衝撃を受け”ました。
太陽から地球への噴出が★2月9~10日に地球を襲い、磁気嵐、オーロラの引き金を引きます。
2022年2月8日

https://www.indiatoday.in/science/story/coronal-mass-ejection
地球が穏やかな磁気嵐によって襲われたほんの1週間後に、太陽は、また再び惑星に向かって強力な噴出をぶつけました。 活動が太陽表面で上昇し続けるので、太陽は、★2月9~10日に地球を襲う線条噴出を爆発させて、もう1つの磁気嵐の引き金となりました。
★40機のスターリンクの人工衛星が磁気嵐によって運命を定められました。
2022年2月9日

https://earthsky.org/space/40-starlink-satellites-doomed
太陽は、現在、11年の黒点周期(太陽周期25)の上昇部分にあります。 言い換えれば、太陽活動は、上向きであり、今後数年間で増加すると予想することが可能です。

ゼータトーク 洞察 2/28/2022:
ムスクと権力体制内の他の者達が太陽の所為にしている点で、これらの磁気嵐は★太陽から生じていません。
権力体制がどの電磁気の擾乱も太陽の所為にするだろうと、私達は長い間予測しています。
現行の太陽周期は、太陽周期極小期がまだ進行中であり、★太陽に太陽黒点も太陽フレアも見えないような状態です。 シューマン共振の図表は、★現時点で少しの太陽活動も示していません。
★ゆえにムスクのスターリンクの人工衛星が打ち上げ失敗となる状態を何が引き起こしたのでしょうか?

昨年2021年6月、★ニビルについての“覚醒”を強制するために宇宙協議会によって承認されたa href=”http://www.zetatalk.com/ning/30ju2021.htm”>“酷いぐらつき”を、私達は予測しました。
ニビルに対する隠蔽工作は、★エリート達のために暴動の怖れや移住が減少されるように一般民衆を抑制して、彼等の自宅に閉じ込めたいエリート達だけの要求を満たします。 彼等は、★この目的のためにCovid-19(ワクチン接種)義務付けとパスポートを推進しています。 彼等は、★一般の人々が安全な場所に移動できないように、そして銀行業システムが消滅しないように、借金奴隷状態の閉じ込めておきたいのです。
エリート達は、“ニビルの通過”の間に生き延びるための準備をおこなっていますが、★この好機を一般人には否定しています。

ムスクと彼のスペースX作戦とスターリンク作戦は、彼が仲介するエリート達の道具です。 彼の人工衛星ネットワークは、真実を報告すると予想することができず、確実に★ニビルの証拠を一般の人々に提供していません。
代わりに、ムスクは、押し売り主義と私達が呼ぶ彼の火星植民計画のために、★エリート達から資金を収集しています。 財務上の損失は、★アフリカでのインターネットアクセスを設立するためのザッカーバーグの計画がゴミとして処分されたときにおこなわれたように、★宇宙協議会からのメッセージを強調するために宇宙協議会によって使用されています。

常勤のポールシフトニング・コムの太陽フレアについての専門家は、太陽活動が既に存在した2月3日にムスクが打ち上げたと指摘します。
それは、ムスクによって危険と考えられませんでした!
しかし2月4日までに悪化しました。 ★ムスクは、これが生じるのを予想しておらず、人類のどの監視装置も見えませんでした。

一連の強力な磁場変動は、2月4日とまさに同じくらい多大に2月3日にも発生しました。 2月3日東部標準時午後1:13の離昇の1日後に磁気嵐が発生したと主張されました。
何故、彼等は、★2月3日の地球の磁気圏への最初の主要な暴風であった物のすぐ後に打ち上げたのでしょうか?
太陽周期25: ★活動は過熱しています。
2022年2月9日

https://www.almanac.com/solar-cycle-25-sun-heating
太陽周期25活動は、加熱していっており、驚くべきことに予報よりも強力です!
★この新たな太陽周期は、荒れたものになるですか、それとも静かなものになるのですか?
太陽周期25は、2019年12月に始まり、2025年半ばに頂点を迎えると予想されています。

★戒厳令の口実

北米があちらこちらへ引っ張られて、★差し迫った2022年のニューマドリッド破裂においてドラマが必ず終わる際に、世界の政治家達は、姿勢をとる前に待っていません。
戒厳令の必要性は、論争の余地がありません。
バージニア工科大学による2009年の研究は、予想された地震の液状化現象、洪水、停電、清浄水の入手可能性、およびインフラの損傷について詳述します。 病院の利用可能性は、旅行規制と同様に懸念でしょう。


★ロシアによる潜在的なウクライナ侵攻について政治的見せ掛けの内のどれほどが、戒厳令の準備をするための口実なのでしょうか?
ヨーロッパは、★海岸線に向かって轟音を立てて進む津波によって荒廃させられるでしょうが、一般民衆にパニックを生じさせずに、ヨーロッパで戒厳令をどのように準備すればよいのでしょうか?
ロシアとの見せ掛けの戦争。
★ロシアは、彼等(自国)の国境に突進して横断する移住者の群れを妨げようと努めますが、彼等がおこなうどの動きもロシアによる差し迫った侵略と宣言されます。
そして★緊急事態法を編成するための善玉の代役トルードーによる慌ただしさは、何故のでしょうか?
ゼータ達は説明します。

ウクライナ‐ロシア危機: ★差し迫ったロシアの侵略の‘信用できる見通し’とホワイトハウスが言うのでバイデン、プーチンが話す。
2022年2月11日

https://www.yahoo.com/news/ukraine-russia-crisis-biden
ロシア軍のウクライナ侵攻は、北京冬季オリンピックが終わる前に起こるかもしれず、★ウクライナにまだいる米国人達が今後24時間から48時間で去るべきであるという、ホワイトハウスからの呵責の無い警告を引き起こす可能性がありました。
そして国防長官ロイド・オースティンは、金曜日に、ロシアによるウクライナ侵攻の可能性への危機が深まったので、★ポーランドへの3,000人の軍隊の追加配備を命令しました。
★ロシア侵攻の怖れの最中に米国はウクライナ大使館を避難させる。
2022年2月11日

https://nypost.com/2022/02/11/us-to-evacuate-ukraine-embassy
★米国は、差し迫ったロシアによるウクライナ侵攻の怖れの最中にキエフの米国大使館を避難させる準備をしています。 大使館の全職員が国外退去するようにという発表は、土曜日初期に国務省から予想されます。
ロシア‐ウクライナ危機: ★英国国民達はウクライナを去るように伝えられました。
2022年2月12日

https://www.bbc.com/news/uk-60355311
ウクライナの★英国国民達は、商業的手段がまだ利用できる間に、今、国外退去するように伝えられていっています。
英国外務省の警告は、ロシアが“今、何時でも”侵攻するかもしれないと米国が言ったので発せられて、自国市民達に今後48時間内で退去するように伝えました。

ゼータトーク コメント 2/28/2022:
★ヨーロッパのエリート達は、ロシア領、特にロシア内の国境近くの油田とガス田を渇望しています。 これは、ヨーロッパを侵略したいのがロシアがであるという主張とともに、もちろん否定されています。
ロシアは、ポールシフトの間とそれに充分に先立つニューマドリッドの破裂の間にもヨーロッパが浸水するだろうと知っているので、溺れかけるか、飢えている★ヨーロッパの市民達の進入に身構えています。
ヨーロッパのエリート達は、したがって★2014年にMH17便を撃墜して、ロシアを陥れることによってロシアとの戦争を始めようと試みています。 ★これらの手段によって、エリート達は、彼等の領土を広げることを希望し、そしてロシアは彼等を阻む計画と立てます。

何故ロシアは今、ウクライナ/ロシア国境に沿って守備を強化しているのでしょうか?
数年間、2021年末から2022年初旬へと向かってニューマドリッド断層線の破裂を予測している、私達の非常に正確な予測だけではありません。 これは、今進行しており、米国が地面の移動を監視し、この情報を他のどこかの彼等の同盟者達と共有しているように★否定しようのない事実です。
私達は、そのような事象の正確な日付または時間を提供するのを許されていませんが、英国と米国は、確実に彼等の予想を明らかにしています。 破裂は、★彼等の計算によると直近で数日以内です。

★抗議者達、国境封鎖を一掃するための緊急事態法をトルードーが課す
2022年2月14日

https://vancouversun.com/news/politics/trudeau-to-invoke-emergency
その創出以来初めて、★ジャスティン・トルードー首相が緊急事態法を課して、政府に広範囲にわたる権限を与え、政府が金融口座を凍結して、牽引トラックの運転者達に業務に戻り、封鎖を終わらせるように圧力を掛けています。

ゼータトーク コメント 2/28/2022:
★今にもロシアがウクライナに進行しようとしているというヨーロッパでの主張と、トラック運転手達の抗議活動のためにカナダで緊急事態法の突然の利用の間に、関連があるのでしょうか?
それらには異なる原因があるように見えますが、基本的に両方ともが★戒厳令を制定するための公的試みです。 戒厳令は、市民達が警戒状態になること無しに不用意に招集できません。
したがって、理由は、★一般市民の協力を得るために立証されなければなりません。
ヨーロッパにとり理由は、★ヨーロッパのエリート達がロシアがウクライナを侵攻したいと主張しているので、ロシアとの目立った戦争です。 カナダにとりトラック運転手のコンボイがオタワに集合しました。

時宜を得たやり方で戒厳令を招集することは、権力体制が兵士達を編成して召集し、軍を様々な所在位置へ再配置し、供給連鎖が制御下にあるのを確保するのを可能にします。
市民達は、たびたび備蓄するために殺到し、不足を生じていますが、戒厳令の間に、これは、買い溜めを妨げるようにを制御される可能性があります。
★ヨーロッパとカナダの両方は、ニューマドリッド破裂によって影響を与えられるでしょう。
★米国軍事政権は、様々な破裂の最初の徴候で同様に戒厳令を招集するでしょう。 ★善玉達は、これらの機動作戦全体にわたって管理しています。

★エリー湖での最近の地震パターンから、ニューマドリッド破裂の衝撃についてのゼータの予測の妥当性を見ることができます。
ゼータ達は、★クリーブランドのインフラが“大幅に粉々にされ”るだろうと予測しました。 エリー湖の下の断層線での地震を示す★2月11日の地震地図から見ることができるように、この予測は、おそらく標的にされるでしょう。

ゼータトーク 予測 2010:
ニューマドリッド断層線が★オハイオ州の五大湖の真下のセントローレンス水路に沿って北上するので、クリーブランドとトレドのような都市は、それらの下方の岩が突き出て落下する★垂直の調整があるので、それらの都市のインフラが所々多大に粉々になっている状態に気づくでしょう。
事実上、断層線上に存在するバッファローは、★高速道路が役に立たなくなるような状態で、同様にこのやり方で粉々になるでしょうが、★ナイアガラ滝でセントローレンス水路は残るでしょう。

★エリー湖が揺れていっています―これは、五大湖で謎の深部水温の上昇に責任のある水域での強化された地質学上の活動なのですか?
2022年2月11日

https://strangesounds.org/2022/02/lake-erie-is-shaking
オハイオ州天然資源省によると、9個の弱い浅発地震は、★2022年初旬の数週間にエリー湖中央部をすでに襲っています。 地震の震央は、★クリーブランドの東のレイク郡の約2マイル沖合に密集しています。

ゼータトーク コメント 2/28/2022:
ニューマドリッド破裂が2021年末まで進行中であり、★エリー湖のクリーブランド沖合での群発地震は、その進行を確認していると、私達は述べています。
ニューマドリッド断層線は、★クリーブランドの下方を通っており、そしてそれゆえに2022年までに荒廃されるだろう★クリーブランドとトレドの両方が破裂します。 ★セントローレンス水路はまた、広まっていっており、そしてこれは、緩やかな過程ではなく、結果として断層線活動の上方で水を暖かくします。
当局が舌打ちをして頭を掻き毟っている点で、彼等は、何が起こっているのかを充分によく知っています。

★mRNAの恐怖

突然★リュック・モンタニエが亡くなっています。
リュック博士は、Covid-19ワクチンそのものが、エリート達が一般の人々に終わりなき封鎖を提供するだろうと希望した★変異体を生じるADEと呼ばれる過程を説明した勇敢な医師でした。
リュック博士は、★繰り返された追加抗原刺激がどのように免疫系を疲弊させて弱めて、一時的なAIDSのタイプを生じるのかを説明している医師達の一人でした。
リュック博士は、★HIVウイルスを発見して分離したノーベル賞受賞者でした。
したがって★Covid‐19ワクチンを使用してHIVのタイプで一般民衆を感染する邪悪な計画についての事実が現れ出始めたときに、リュック博士は死ななければなりませんでした。

ゼータトーク Advice 5/31/2021:
リュック・モンタニエは、進行を、原型ウイルスを効果的に抹消し損なうことによって、★ワクチンそのものが変異体を刺激すると説明しています。
病原体を殺す過程の間に、白血球細胞は、病原体を消費し、この過程が完了しない場合、★病原体は白血球細胞内部で生きます。 これは、★Tヘルパー細胞がウイルスを運ぶ―免疫システムそのものが感染される―HIVで起こる過程です。
Covid‐19は、HIVではありませんが、★Covid‐19ウイルスが完全に殺されていないが、免疫システム内部で生きているときに、突然変異の発生の可能性が存在します。 障害があり、変えられましたが、フランケンシュタインの怪物のように―まだ生きています。
世界中での突然変異は、★効果的なCpvid‐19殺害者ではないmRNAワクチン接種計画のために重要な部分にあります。

この過程を見ると、★人口を整えて、封鎖を継続するよう望んでいるエリート達は、突然変異を助長する好機に飛びつきました。
★封鎖は、ニビルの“通過”の間に間もなく溺れるだろう海岸線から民衆が去るのを妨げます。 ★mRNAワクチンからの永続的な追加抗原投与を主張することによって、急増するCovid‐19の死の過程は継続します。
★エリート達と彼等の支配欲に利益をもたらす自己永続的な過程です。
★解決策は、ワクチン接種を停止して、集団免疫が発達するのを可能にすることです。 これは自然な行程です。 .

ゼータトーク 確証 10/31/2021:
★HIVは、それに侵入して、それ自体の複製のためにそれを使用することによって免疫システムを破壊します。 ★HIVは、他のどの手段によっても複製することができません。
Covid‐19ウイルスは、侵入して、複製のために多くのタイプの細胞を使用することができるので、これが必要ではありません。
しかし★免疫システムの破壊は、たとえほんの一時的であったとしても、Covid‐19とともに発生できるし、発生します。 ★Covid‐19に伴うADE(抗体依存性増強)の懸念は妥当です。
★mRNAワクチンがCovid‐19ウイルスを完全に破壊しないので、★ゆえに弱体化したウイルス部分は、HIVが免疫システムに進入するのと同じやり方で免疫システムに組み込まれる様になる可能性があります。 したがって保護されて、★Covid‐19の変異体が発生されます。

何故、Covid‐19のワクチン接種の繰り返される追加抗原刺激投与が免疫システムを弱めているのでしょうか?
★免疫システムの応答を人間の戦場と比較すると、最初に私達は前線で敵に遭遇する免疫細胞があります。 敵と兵士達の両者ともが失われますが、★たとえ戦闘が勝利されているように見えたとしても治療されるべき負傷達がいます。 ★負傷した兵士達は、れ戻され、これらの負傷者達の間に、★自分達自身を配属している隠れた敵兵達がいます。
ゆえに戦闘は、補充兵達を消耗し、それ自体を配属するように★敵を招くことによって対応を弱めています。

免疫システムのADE(抗体依存性増強)侵攻の間に、やがて、免疫システムは回復します。 免疫細胞は、(自己)複製し、ウイルスの断片の掃討が起こります。
★mRNAワクチンは、スパイク蛋白質の破片を生み出すので、この過程を減速します。 ★したがってmRNAワクチンの繰り返される追加抗原刺激投与は、ADE反応を永続します。
私達はこれらの討議の初期に、mRNAが、★停止スイッチの無い過程を始めるので、★免疫システムを消耗させることが心配であると言及しました。
これは今、充分に立証されています。
★消耗した免疫システムのこの絶えず続く活性化は、自己免疫反応を引き起こすことも可能です。

★MSM(マスメディア)は信頼のAIDSの突発―Covidワクチン連結?―のために一般民衆を準備します。
2022年2月10日

https://strangesounds.org/2022/02/the-msm-prepares-the-public
★HIVを発見したノーベル奉受賞者モンタニエ教授が2022年2月8日に亡くなりました。 彼の死についてほとんど何も書かれていません!
この男性は、HIVからの因果的連鎖のあるCovid‐19が人工ウイルスであったと言った最初の人物(2020年2月)の一人でした。
ご冥福を祈ります、教授。
硬いアルミホイルの理論のように見えます?
しかし物事は、2年前にワクチン接種した人々がHIVのために誤った陽性として現れていたときを思い出します。 私は、実際に化学世界を唖然とさせたHIV挿入を含むウイルスも思い出します。
★HIVの共同発見者リュック・モンタニエは89歳で死去します。
2022年2月10日

https://www.bbc.com/news/world-europe-60340504
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の共同発見者として評価されたフランス人ウイルス学者リュック・モンタニエは、89歳で亡くなりました。 モンタニエは、エイズの原因となるウイルスの分離における彼の仕事のために2008年のノーベル賞を共同で受賞しました。
★モデルナはCovid注射でのようにHIVのmRNAワクチンのための臨床試験を開始します。
2022年1月28日

https://strangesounds.org/2022/01/moderna-launches-clinical-trial
生物工学会社は、モデルナの好結果のCovid‐19ワクチンと同じ技術を使用する注射を開発するために非営利の国際エイズワクチン新規構想と結びついています。

ゼータトーク 確証 2/28/2022: リュック・モンタニエは、いくつかの活動分野で脅威でした。
彼は、ノーベル賞受賞者のウイルス学者でした。
彼は、HIVとその結果―AIDS―に責任のあるウイルスを発見して、★HIVを精通していました。
彼は、免疫系を理解しており、抗体依存性感染増強と呼ばれる過程である、★免疫系の消耗がどのように進展するのかを説明することができました。
したがってリュックは、★精選したCovid‐19ワクチン群内部に埋め込まれたどのHIV変異体も特定できる人物を象徴しました。 したがって★エリート達による特定の人口の階層を減少するためのこの策略が暴露されそうになっているので、リュック・モンタニエは、彼の声を沈黙させるために殺害されました。

政治家達またはエリート達による論証のための塩水と、エリート達が排除したい人々を標的としているいっそう致命的な一団で、mRNAワクチン群が異なるという噂があります。
一般の人々配布された大量のワクチンが公表された処方箋と一致しているけれども、★これは真実です。
新HIV変異体の発見に関するヨーロッパのエリート達からの発表と、mRNA経路を使用するHIVのための新ワクチンに関するモデルナによる発表の間の関連によって見ることができるように―★これは計画でした。