カテゴリー
未分類

804:戒厳令のための口実

The ZetaTalk Newsletter
2022年2月27日 日曜日 ★804号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★戒厳令の口実

北米があちらこちらへ引っ張られて、★差し迫った2022年のニューマドリッド破裂においてドラマが必ず終わる際に、世界の政治家達は、姿勢をとる前に待っていません。
戒厳令の必要性は、論争の余地がありません。
バージニア工科大学による2009年の研究は、予想された地震の液状化現象、洪水、停電、清浄水の入手可能性、およびインフラの損傷について詳述します。 病院の利用可能性は、旅行規制と同様に懸念でしょう。


★ロシアによる潜在的なウクライナ侵攻について政治的見せ掛けの内のどれほどが、戒厳令の準備をするための口実なのでしょうか?
ヨーロッパは、★海岸線に向かって轟音を立てて進む津波によって荒廃させられるでしょうが、一般民衆にパニックを生じさせずに、ヨーロッパで戒厳令をどのように準備すればよいのでしょうか?
ロシアとの見せ掛けの戦争。
★ロシアは、彼等(自国)の国境に突進して横断する移住者の群れを妨げようと努めますが、彼等がおこなうどの動きもロシアによる差し迫った侵略と宣言されます。
そして★緊急事態法を編成するための善玉の代役トルードーによる慌ただしさは、何故のでしょうか?
ゼータ達は説明します。

ウクライナ‐ロシア危機: ★差し迫ったロシアの侵略の‘信用できる見通し’とホワイトハウスが言うのでバイデン、プーチンが話す。
2022年2月11日

https://www.yahoo.com/news/ukraine-russia-crisis-biden
ロシア軍のウクライナ侵攻は、北京冬季オリンピックが終わる前に起こるかもしれず、★ウクライナにまだいる米国人達が今後24時間から48時間で去るべきであるという、ホワイトハウスからの呵責の無い警告を引き起こす可能性がありました。
そして国防長官ロイド・オースティンは、金曜日に、ロシアによるウクライナ侵攻の可能性への危機が深まったので、★ポーランドへの3,000人の軍隊の追加配備を命令しました。
★ロシア侵攻の怖れの最中に米国はウクライナ大使館を避難させる。
2022年2月11日

https://nypost.com/2022/02/11/us-to-evacuate-ukraine-embassy
★米国は、差し迫ったロシアによるウクライナ侵攻の怖れの最中にキエフの米国大使館を避難させる準備をしています。 大使館の全職員が国外退去するようにという発表は、土曜日初期に国務省から予想されます。
ロシア‐ウクライナ危機: ★英国国民達はウクライナを去るように伝えられました。
2022年2月12日

https://www.bbc.com/news/uk-60355311
ウクライナの★英国国民達は、商業的手段がまだ利用できる間に、今、国外退去するように伝えられていっています。
英国外務省の警告は、ロシアが“今、何時でも”侵攻するかもしれないと米国が言ったので発せられて、自国市民達に今後48時間内で退去するように伝えました。

ゼータトーク コメント 2/28/2022:
★ヨーロッパのエリート達は、ロシア領、特にロシア内の国境近くの油田とガス田を渇望しています。 これは、ヨーロッパを侵略したいのがロシアがであるという主張とともに、もちろん否定されています。
ロシアは、ポールシフトの間とそれに充分に先立つニューマドリッドの破裂の間にもヨーロッパが浸水するだろうと知っているので、溺れかけるか、飢えている★ヨーロッパの市民達の進入に身構えています。
ヨーロッパのエリート達は、したがって★2014年にMH17便を撃墜して、ロシアを陥れることによってロシアとの戦争を始めようと試みています。 ★これらの手段によって、エリート達は、彼等の領土を広げることを希望し、そしてロシアは彼等を阻む計画と立てます。

何故ロシアは今、ウクライナ/ロシア国境に沿って守備を強化しているのでしょうか?
数年間、2021年末から2022年初旬へと向かってニューマドリッド断層線の破裂を予測している、私達の非常に正確な予測だけではありません。 これは、今進行しており、米国が地面の移動を監視し、この情報を他のどこかの彼等の同盟者達と共有しているように★否定しようのない事実です。
私達は、そのような事象の正確な日付または時間を提供するのを許されていませんが、英国と米国は、確実に彼等の予想を明らかにしています。 破裂は、★彼等の計算によると直近で数日以内です。

★抗議者達、国境封鎖を一掃するための緊急事態法をトルードーが課す
2022年2月14日

https://vancouversun.com/news/politics/trudeau-to-invoke-emergency
その創出以来初めて、★ジャスティン・トルードー首相が緊急事態法を課して、政府に広範囲にわたる権限を与え、政府が金融口座を凍結して、牽引トラックの運転者達に業務に戻り、封鎖を終わらせるように圧力を掛けています。

ゼータトーク コメント 2/28/2022:
★今にもロシアがウクライナに進行しようとしているというヨーロッパでの主張と、トラック運転手達の抗議活動のためにカナダで緊急事態法の突然の利用の間に、関連があるのでしょうか?
それらには異なる原因があるように見えますが、基本的に両方ともが★戒厳令を制定するための公的試みです。 戒厳令は、市民達が警戒状態になること無しに不用意に招集できません。
したがって、理由は、★一般市民の協力を得るために立証されなければなりません。
ヨーロッパにとり理由は、★ヨーロッパのエリート達がロシアがウクライナを侵攻したいと主張しているので、ロシアとの目立った戦争です。 カナダにとりトラック運転手のコンボイがオタワに集合しました。

時宜を得たやり方で戒厳令を招集することは、権力体制が兵士達を編成して召集し、軍を様々な所在位置へ再配置し、供給連鎖が制御下にあるのを確保するのを可能にします。
市民達は、たびたび備蓄するために殺到し、不足を生じていますが、戒厳令の間に、これは、買い溜めを妨げるようにを制御される可能性があります。
★ヨーロッパとカナダの両方は、ニューマドリッド破裂によって影響を与えられるでしょう。
★米国軍事政権は、様々な破裂の最初の徴候で同様に戒厳令を招集するでしょう。 ★善玉達は、これらの機動作戦全体にわたって管理しています。

★エリー湖での最近の地震パターンから、ニューマドリッド破裂の衝撃についてのゼータの予測の妥当性を見ることができます。
ゼータ達は、★クリーブランドのインフラが“大幅に粉々にされ”るだろうと予測しました。 エリー湖の下の断層線での地震を示す★2月11日の地震地図から見ることができるように、この予測は、おそらく標的にされるでしょう。

ゼータトーク 予測 2010:
ニューマドリッド断層線が★オハイオ州の五大湖の真下のセントローレンス水路に沿って北上するので、クリーブランドとトレドのような都市は、それらの下方の岩が突き出て落下する★垂直の調整があるので、それらの都市のインフラが所々多大に粉々になっている状態に気づくでしょう。
事実上、断層線上に存在するバッファローは、★高速道路が役に立たなくなるような状態で、同様にこのやり方で粉々になるでしょうが、★ナイアガラ滝でセントローレンス水路は残るでしょう。

★エリー湖が揺れていっています―これは、五大湖で謎の深部水温の上昇に責任のある水域での強化された地質学上の活動なのですか?
2022年2月11日

https://strangesounds.org/2022/02/lake-erie-is-shaking
オハイオ州天然資源省によると、9個の弱い浅発地震は、★2022年初旬の数週間にエリー湖中央部をすでに襲っています。 地震の震央は、★クリーブランドの東のレイク郡の約2マイル沖合に密集しています。

ゼータトーク コメント 2/28/2022:
ニューマドリッド破裂が2021年末まで進行中であり、★エリー湖のクリーブランド沖合での群発地震は、その進行を確認していると、私達は述べています。
ニューマドリッド断層線は、★クリーブランドの下方を通っており、そしてそれゆえに2022年までに荒廃されるだろう★クリーブランドとトレドの両方が破裂します。 ★セントローレンス水路はまた、広まっていっており、そしてこれは、緩やかな過程ではなく、結果として断層線活動の上方で水を暖かくします。
当局が舌打ちをして頭を掻き毟っている点で、彼等は、何が起こっているのかを充分によく知っています。