カテゴリー
未分類

804: mRNAの恐怖

The ZetaTalk Newsletter
2022年2月27日 日曜日 ★804号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★mRNAの恐怖

突然★リュック・モンタニエが亡くなっています。
リュック博士は、Covid-19ワクチンそのものが、エリート達が一般の人々に終わりなき封鎖を提供するだろうと希望した★変異体を生じるADEと呼ばれる過程を説明した勇敢な医師でした。
リュック博士は、★繰り返された追加抗原刺激がどのように免疫系を疲弊させて弱めて、一時的なAIDSのタイプを生じるのかを説明している医師達の一人でした。
リュック博士は、★HIVウイルスを発見して分離したノーベル賞受賞者でした。
したがって★Covid‐19ワクチンを使用してHIVのタイプで一般民衆を感染する邪悪な計画についての事実が現れ出始めたときに、リュック博士は死ななければなりませんでした。

ゼータトーク Advice 5/31/2021:
リュック・モンタニエは、進行を、原型ウイルスを効果的に抹消し損なうことによって、★ワクチンそのものが変異体を刺激すると説明しています。
病原体を殺す過程の間に、白血球細胞は、病原体を消費し、この過程が完了しない場合、★病原体は白血球細胞内部で生きます。 これは、★Tヘルパー細胞がウイルスを運ぶ―免疫システムそのものが感染される―HIVで起こる過程です。
Covid‐19は、HIVではありませんが、★Covid‐19ウイルスが完全に殺されていないが、免疫システム内部で生きているときに、突然変異の発生の可能性が存在します。 障害があり、変えられましたが、フランケンシュタインの怪物のように―まだ生きています。
世界中での突然変異は、★効果的なCpvid‐19殺害者ではないmRNAワクチン接種計画のために重要な部分にあります。

この過程を見ると、★人口を整えて、封鎖を継続するよう望んでいるエリート達は、突然変異を助長する好機に飛びつきました。
★封鎖は、ニビルの“通過”の間に間もなく溺れるだろう海岸線から民衆が去るのを妨げます。 ★mRNAワクチンからの永続的な追加抗原投与を主張することによって、急増するCovid‐19の死の過程は継続します。
★エリート達と彼等の支配欲に利益をもたらす自己永続的な過程です。
★解決策は、ワクチン接種を停止して、集団免疫が発達するのを可能にすることです。 これは自然な行程です。 .

ゼータトーク 確証 10/31/2021:
★HIVは、それに侵入して、それ自体の複製のためにそれを使用することによって免疫システムを破壊します。 ★HIVは、他のどの手段によっても複製することができません。
Covid‐19ウイルスは、侵入して、複製のために多くのタイプの細胞を使用することができるので、これが必要ではありません。
しかし★免疫システムの破壊は、たとえほんの一時的であったとしても、Covid‐19とともに発生できるし、発生します。 ★Covid‐19に伴うADE(抗体依存性増強)の懸念は妥当です。
★mRNAワクチンがCovid‐19ウイルスを完全に破壊しないので、★ゆえに弱体化したウイルス部分は、HIVが免疫システムに進入するのと同じやり方で免疫システムに組み込まれる様になる可能性があります。 したがって保護されて、★Covid‐19の変異体が発生されます。

何故、Covid‐19のワクチン接種の繰り返される追加抗原刺激投与が免疫システムを弱めているのでしょうか?
★免疫システムの応答を人間の戦場と比較すると、最初に私達は前線で敵に遭遇する免疫細胞があります。 敵と兵士達の両者ともが失われますが、★たとえ戦闘が勝利されているように見えたとしても治療されるべき負傷達がいます。 ★負傷した兵士達は、れ戻され、これらの負傷者達の間に、★自分達自身を配属している隠れた敵兵達がいます。
ゆえに戦闘は、補充兵達を消耗し、それ自体を配属するように★敵を招くことによって対応を弱めています。

免疫システムのADE(抗体依存性増強)侵攻の間に、やがて、免疫システムは回復します。 免疫細胞は、(自己)複製し、ウイルスの断片の掃討が起こります。
★mRNAワクチンは、スパイク蛋白質の破片を生み出すので、この過程を減速します。 ★したがってmRNAワクチンの繰り返される追加抗原刺激投与は、ADE反応を永続します。
私達はこれらの討議の初期に、mRNAが、★停止スイッチの無い過程を始めるので、★免疫システムを消耗させることが心配であると言及しました。
これは今、充分に立証されています。
★消耗した免疫システムのこの絶えず続く活性化は、自己免疫反応を引き起こすことも可能です。

★MSM(マスメディア)は信頼のAIDSの突発―Covidワクチン連結?―のために一般民衆を準備します。
2022年2月10日

https://strangesounds.org/2022/02/the-msm-prepares-the-public
★HIVを発見したノーベル奉受賞者モンタニエ教授が2022年2月8日に亡くなりました。 彼の死についてほとんど何も書かれていません!
この男性は、HIVからの因果的連鎖のあるCovid‐19が人工ウイルスであったと言った最初の人物(2020年2月)の一人でした。
ご冥福を祈ります、教授。
硬いアルミホイルの理論のように見えます?
しかし物事は、2年前にワクチン接種した人々がHIVのために誤った陽性として現れていたときを思い出します。 私は、実際に化学世界を唖然とさせたHIV挿入を含むウイルスも思い出します。
★HIVの共同発見者リュック・モンタニエは89歳で死去します。
2022年2月10日

https://www.bbc.com/news/world-europe-60340504
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の共同発見者として評価されたフランス人ウイルス学者リュック・モンタニエは、89歳で亡くなりました。 モンタニエは、エイズの原因となるウイルスの分離における彼の仕事のために2008年のノーベル賞を共同で受賞しました。
★モデルナはCovid注射でのようにHIVのmRNAワクチンのための臨床試験を開始します。
2022年1月28日

https://strangesounds.org/2022/01/moderna-launches-clinical-trial
生物工学会社は、モデルナの好結果のCovid‐19ワクチンと同じ技術を使用する注射を開発するために非営利の国際エイズワクチン新規構想と結びついています。

ゼータトーク 確証 2/28/2022: リュック・モンタニエは、いくつかの活動分野で脅威でした。
彼は、ノーベル賞受賞者のウイルス学者でした。
彼は、HIVとその結果―AIDS―に責任のあるウイルスを発見して、★HIVを精通していました。
彼は、免疫系を理解しており、抗体依存性感染増強と呼ばれる過程である、★免疫系の消耗がどのように進展するのかを説明することができました。
したがってリュックは、★精選したCovid‐19ワクチン群内部に埋め込まれたどのHIV変異体も特定できる人物を象徴しました。 したがって★エリート達による特定の人口の階層を減少するためのこの策略が暴露されそうになっているので、リュック・モンタニエは、彼の声を沈黙させるために殺害されました。

政治家達またはエリート達による論証のための塩水と、エリート達が排除したい人々を標的としているいっそう致命的な一団で、mRNAワクチン群が異なるという噂があります。
一般の人々配布された大量のワクチンが公表された処方箋と一致しているけれども、★これは真実です。
新HIV変異体の発見に関するヨーロッパのエリート達からの発表と、mRNA経路を使用するHIVのための新ワクチンに関するモデルナによる発表の間の関連によって見ることができるように―★これは計画でした。