カテゴリー
未分類

Q&A: # ラヤンを救え

★救出チームが小さなラヤンを救助するためにトンネルに入ります。 2022年2月5日。
https://www.dailymail.co.uk/news/article-10479437/Rescue-workers-SIX-feet-five-year-old-Rayan-trapped-bottom-100ft-Morocco.html
救出チームは、★地下100フィート以上に4日間閉じ込められている5歳のモロッコ人の少年に到達したのを、今日、確認しました。
洞窟がどの瞬間でも崩壊するという恐怖が固執するので、世界は、息を殺して見守りました。 救出隊が少年が閉じ込められた96時間後についに‘身動きしない’少年に到達した後に、医療チームは待機していました。
モロッコのメディアは、蘇生専門家達が救出隊といっしょにトンネルに入ったと報道して、5歳の子供が潜在的に救命医療の治療を必要とするという恐怖に火に油を注いでいます。 しかし地滑りの危機のためにほんの6フィート離れた少年に達する最後の一踏ん張りは、最も難しいものとなりました。

[別の質問者から]
https://www.bbc.com/news/world-africa-60275177

[さらに別の質問者から]
★ジェシカ・マックルアの救出
https://en.wikipedia.org/wiki/Rescue_of_Jessica_McClure
消防士達と警察がジェシカが引っ掛かっている井戸に平行した立坑を掘削する―そして彼女を救出するためにさらに水平の交差トンネルを掘削するために―計画を展開したテキサス州ミッドランドで事故は発生しました。
★ジェシカが井戸に落ちた45時間後に、隣接立坑と交差トンネルは、完成しました。 掘削する間に、救出者達は、★ジェシカが“クマのプーさん”を歌っているのを聞くことができました。
医療補助員ロバート・オドネル(1957年8月27日生)は、救出後の心的外傷後ストレス障害に苦しんでいたために、ショットガンによる頭部への銃撃によって1995年4月27日に37歳で自殺しました。




閉じ込められた子供達の劇的な救出の間に、介入は、何時、宇宙協議会によって許可されるのでしょうか?
1867年に井戸の立坑から赤ちゃんジェシカ救出の間、私達のゼータトークはまだウェブサイトがありませんでした。 この救出は、実際に井戸が切断されていた間に★井戸のパイプを冷却することで介入を受けました。
そして2018年のタイの洞窟救出の間に、タイの洞窟に閉じ込められた少年達が、★親切な異星人達によって簡単に手配された天候の出来事である低い降雨量における介入によって助力されました。
チリの33人の鉱夫達の救出は、救出を必要としませんでした。
★何故、モロッコの井戸に閉じ込められたラヤンの救出は、介入によって助力されなかったのでしょうか?

確かに、必要な構成要素の1つ―愛と懸念の燃焼―は存在しましたが、鍵となる構成要素は、失われていました。
ラヤン少年は、井戸への落下の間に酷く負傷していました。 彼は、首の骨が折れて、背骨を負傷しており、★生涯半永久的にい肢体不自由者となるでしょう。 救出できないと思われていた間、★彼の幼い魂は世界中の数千人の人々からの愛の燃焼によって持続されていました。
しかし彼がまさに救出されようとした瞬間に、彼は、★おそらく結果―恒久的な麻痺―に直面して死が彼に襲い掛からせる決断をしました。