カテゴリー
未分類

Q&A: エリー湖の手掛かり

★セントローレンス水路での活動を示す数個のリンクがここにあります。
[別の質問者から
★エリー湖が揺れていっています―これは、五大湖で謎の深部水温の上昇に責任のある水域での強化された地質学上の活動なのですか? 2022年1月11日。
https://strangesounds.org/2022/02/lake-erie-is-shaking-could-this-enhanced-geological-activity-in-the-area-be-linked-to-mysterious-deep-water-temperature-rising-in-the-great-lakes.html
オハイオ州天然資源省によると、9個の弱い浅発地震は、★2022年初旬の数週間にエリー湖中央部をすでに襲っています。 地震の震央は、★クリーブランドの東のレイク郡の約2マイル沖合に密集しています。

[さらに別の質問者から]
★地震はエリー湖沿岸近くで検知されました; 7個目は2022年に報告されました。 2022年2月5日。
https://www.cleveland19.com/2022/02/05/earthquake-detected-near-lake-erie-shoreline-7th-reported-2022
この地震は、2022年初頭以来、同じ地域で報告された7度目の地震を記します。
1月4日、午前8:20―マグニチュード2.8(ティンバーレイクの北西)
1月5日、午前5:25―マグニチュード1.9(ティンバーレイクの北)
1月27日、午前3:53―マグニチュード2.1(レイクラインの北西)
1月27日、午後1:10―マグニチュード2.5(レイクラインの北北西)
1月29日、午後1:23―マグニチュード2.0(ウィロウウィックの西北西)
2月1日、午後8:37―マグニチュード1.6(ティンバーレイクの北西)
2月4日、午後4:14―マグニチュード2.4(ティンバーレイクの北西)

ニューマドリッド破裂が2021年末まで進行中であり、★エリー湖のクリーブランド沖合での群発地震は、その進行を確認していると、私達は述べています。
ニューマドリッド断層線は、★クリーブランドの下方を通っており、そしてそれゆえに2022年までに荒廃されるだろう★クリーブランドとトレドの両方が破裂します。 ★セントローレンス水路はまた、広まっていっており、そしてこれは、緩やかな過程ではなく、結果として断層線活動の上方で水を暖かくします。
当局が舌打ちをして頭を掻き毟っている点で、彼等は、何が起こっているのかを充分によく知っています。