カテゴリー
未分類

805: タスマニアの稲妻

The ZetaTalk Newsletter
2022年3月6日 日曜日 ★805号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★タスマニアの稲妻

南極大陸の氷の一部が抜け落ちる時を除いて、ニュースでは稀な地球温暖化についてのお喋りを生じているけれども、世界中の他のプレートのような南極大陸は、★レベル10の内のレベル7のプレート移動に実際に加わります。
最終的に、ポールシフトの時機に、南極プレートは、★大西洋に飛び出るように押されて、南米と南アフリカの先端の間の海床から新大陸を形成するでしょう。 この圧力は、着実で、ときおり明白になります。
★南米の先端での地震とタスマニアでの稲妻の間に関連がありました。

パラ・カス‐ヴェッター: ★過去24時間以内で35,819回の稲光がオーストラリアに落下する。
2022年2月22日

https://operationdisclosureofficial.com/2022/02/22/para-kas-vetter
★オーストラリアでは過去24時間以内で35,819回以上の落雷があり、その数は増加しています!

ゼータトーク 説明 2/28/2022:
私達は、レベル10の内のレベル7のプレート移動の間に、南極プレートの進路を、南米とアフリカの先端の間に出現している際に★太平洋の圧縮によって押し下げられていると描写してました。
やがてこの過程は、★南大西洋に新大陸を生じます。 この圧力と過程が2月22日に進行中であったのは明白です。
USGSからの地震データは、★スコティア・プレートと磁南が乗るタスマニアの南でもこれが実例であることを示します。

 重大なプレート移動は、地震光が立証するように、★プレート内の磁子の移動を含みます。 そして一般的に知られているように、稲光は、★大気圏から地面へと電弧を描く磁子の流れです。
数個の要因―★南極プレートの両側での地震と、タスマニアの真南の地球の磁南での地震の吸い込み―と組み合わさって、★ニビルの帯電した尾が2月22日にオーストラリアでのダンスに加わったことは、驚くべきことではありません。

★M6.0がアルゼンチンを襲う前にM6.3の地震が南極大陸を襲う
2022年2月22日

https://strangesounds.org/2022/02/m6-3-earthquake-hits-antarctica
★過去8時間以内に、2つの強力な地震が世界中の地面をガタつかせました: ★南極大陸のバレニー諸島地域での滅多に無いM6.3の地震が。★ほんの数時間後に、結果としてアルゼンチンのジュジュリー省でのM6.0の振動へと続きました。