カテゴリー
未分類

Q&A: 地峡の地震

★終わりなきココス地震!

ニューマドリッド断裂観察者達が★ココスプレートのどの部分が破砕するのだろうかと不思議に思っていた時代は終わりました。
それらは、★すべてが破砕しました。
北西角のリヴェラ小プレートからテワンテペクと海岸線に沿ってグアテマラに向かって南下するこの粉砕地点によって形成された小プレートの粉砕地点までです。 そこでの鉄道の脱線事故が証明するように、部分の分離が起こったことは、★地峡の両側での深部地震から明らかです。
本土部分は、南西へ滑るのに自由であり、この対角線上の牽引のストレスがニューマドリッドの町の硬い岩の接合点で裂けるまで、★時間の問題であるだけです。

硬い岩の接続は、しっかりとしているが、その強度のために周囲の支えに頼る点で、溶接と同等と見做すことができます。
1811~1812年の多発の間に発生していた断層線の断裂の証拠にもかかわらず、ニューマドリッドのこの地域は、3,600年の間、深刻な問題を抱えておらず、★この断裂は、急激に悪化するでしょう。
★1811~1812年は余震と考えることができました。
今、ニューマドリッド断層線にそって進行していることが断層線全体に沿った接続を着実に弱めていっているので、メキシコ湾から北上してくる最終的な断裂は、★少しも抵抗に遭遇しないでしょう。