カテゴリー
未分類

Q&A: ノルウェイの小刻みの揺れ

★何故、ノルウェイは、常にヘリオプロッツでそれほど小刻みに震えているのですか?
今日は、穏やかな日ですが、小刻みな揺れのあるそれらの場所は明白であり、それらは目立っています。
これは、★ニューマドリッド過程の影響なのですか?

北米プレートとユーラシアプレートの間の境界に接触するシベリアのティスキのように、ノルウェイは、境界上にあり、★北米大陸がおこなっている絶え間ない牽引を反映します。
★南西の滑動は、北米プレートの先端までずっと達します。
セントローレンス湾で出現するセントローレンス水路の先端は、この地域がユーラシアプレートに東で繋がっているけれども、★本土が南西へ滑動する間に西へ引っ張られているので小刻みに揺れます。

★西海岸がサンアンドレアス(断層)で太平洋とココスで境界を接する場所で、小刻みな揺れが同様に発展することができます。
この日の小刻みの揺れがあった唯一の場所は、北米プレートへの接続がある場所です!
それらの場所は、北米プレートで変動があるので、★小刻みな揺れがあります。

北米が有する多数の付着を考えると、★ニューマドリッド大調整が最終的に起こる時に反応は何でしょうか?
ニューマドリッド調整の間に南東部分がその方向に跳躍する点で、アフリカプレートが少々回転すると、私達は予測します。
★ユーラシアプレートは、それゆえにアゾレス諸島で引き裂け開いている大西洋とともに、その幅全体をいっそう容易に伸張することができることに気が付くでしょう。 ★南東部分は、カリブ海で安定して、ニューマドリッド破裂とアフリカの回転の進行は、それが耐えていた“綱引き合戦”を開放しています。