カテゴリー
未分類

3重の接合点の手掛かり

★この中部大西洋(地震)は、通常より大きいです。
それは重要ですか?

★アフリカプレートと、南米プレートと、北米プレートの南東部分を象徴する“象の後ろ足”が加わる3重の接合点があります。
アゾレス諸島の3重の接合点の場合と同様に、そのような接合点は、★接触しているプレートのどれか1つでの移動にも敏感です。
はい、アフリカは、東部を回転したいのですが、3月22日に起こった大きく深い地震は、★“アフリカの回転”によって牽引されることによって引き起こされませんでした。 これが実情であったのなら、そのような地震は常に起こっていたでしょう。

私達が説明しているように、その地震は、完了している“南米の回転”によって引き起こされたのではありません。 これもまた、大西洋での3月22日の地震の原因であったのなら、そのような地震を定期的に引き起こしていたでしょう。
同様にカリブ海プレートも、南米プレートにしっかりと固定されているので、南米プレートによって想定されるどの位置にも簡単に進みます。
ベネズエラのヘリプロットは、ベネズエラがグイと動かされたのでその地域での活動が、★他の原因を排除しておそらく(北米の)南東部分によって引き起こされたことを示します。

南東部分は、本土部分とともに移動することができないが、★“象の後ろ足”が引っ掛けられている南東部分の角で固定されるので北米プレートの本土部分から引き剥がされなければならないと、私達は説明しています。
★北米プレートの一般的な動きが南西の方への滑動することであるので、その状態から持ち上げることができません。 カリブ海プレートが明らかにその方向でのどのような動きも妨げるので、★西の方へ移動することができません。
★したがって北米プレートの対角線状の破裂は、起こらなければなりません。