カテゴリー
未分類

Q&A: ロイヤルティ諸島の群発地震

特に大きな群発地震は、★ロイアルティ諸島で3月30日後半と3月31日へと進んで起こりました。
18回の大地震のように見え、気が進まないUSGSによって、すべてが5以上で2組が★マグニチュード7+であったと報告されました。 すべてのヘリプロッツは、基本的に世界中で黒くなりました。
次は、何ですか?

ヒマラヤ山脈の下へ押し込まれることへのその抵抗として“ブレーキ”と考えられる★インド‐オーストラリア・プレートは、すべての他のプレートの移動を制御します。
インド‐オーストラリア・プレートは、★その東端をニュージーランドの上方へ持ち上げており、これは、★太平洋プレートがその端の下へ滑り込むのを可能にします。 もちろん、南米プレートにしっかりと固定されるカリブ海プレートとともに西方へ緩和する南米の姿勢における反応があるでしょう。
これは、★北米プレートの本土部分の南西への滑動を増強します。

カリブ海と中米が太平洋へとそろそろと慎重に動いていることによって、★メキシコの先端は太平洋に押し込まれていっています。
これは、どの動きも、起こっている筋書のできたドラマにおけるこの優勢なドラマを結果として生じるように、★本土部分の南西への滑動を加速するでしょう。 それは、まるで聖歌隊の大きな声の歌い手が、他のどの歌い手の声も聞くことができない程優勢になるかのようです。
したがって1日か2日以内に、ロイヤルティ諸島でせいぜい大きな群発地震がこの筋書きのできたドラマに移動し、★ニューマドリッドの大団円が再び中央舞台に立つでしょう。