カテゴリー
未分類

811: 航空機の強制着陸

The ZetaTalk Newsletter
2022年4月17日 日曜日 ★811号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候
★航空機の強制着陸

4月3日日曜日早朝に、インターネット・フォーラム(公開討論)は、★強制着陸させられていた米国の多数の定期航空便についておしゃべりしていました。 これらは、デルタ、サウスウエスト、アメリカン航空、ジェットブルー、スピリット、およびアラスカ航空を含みます。
天気予報職員の不足のような口実は、与えられましたが、突然の多量の土壇場での取り消しは、質問を誘いました―★何故、それほど突然に?
★職員配置や天候の問題は、数日前に知られていなかったのでしょうか?


2022年4月1日

https://www.fox10phoenix.com/news/alaska-airlines-cancels
定期航空便追跡ウェブサイトのFlightaware.comによると、パイロット達が見張り役を務める際に、★シアトルで66機、オレゴン州ポートランドで20機、ロサンゼルスで10機及びサンフランシスコで7機を含む100機以上のアラスカ航空の定期航空便が航空会社によって取り消されました。
組合のウェブサイトによると、パイロット達は、それらすべての都市で集会とピケラインを開催しました。
春休み旅行の混乱: ★航空会社が取り消して週末の定期航空便10,000機を遅延する。
2022年4月3日

https://www.usatoday.com/story/travel/airline-news/2022/04/03/flight
航空会社は、フロリダ州での嵐とサウスウエスト航空での技術問題のために、★土曜日と日曜日の定期航空便10,000便以上を取り消して、遅延させ、国土全域にわたる旅行者達を立ち往生させて、航空会社の顧客サービスに達するのに長い待ち時間を生じていました。 ★今週末、定期航空便追跡サイトのフライトアウェア(FlightAware)によると、3200便以上が取り消されて、7000便以上が延期されています。
★航空会社は週末に掛けて3,500便以上の定期航空便を取り消す
2022年4月3日

https://www.theepochtimes.com/airlines-cancel-more-than-3500
航空会社は、フロリダ州での天候と他の問題を引用して、★週末にかけて米国定期航空便3500便以上を取り消し、数千便以上を延期しました。

ゼータトーク 洞察 4/3/2022:
★米国の航空会社は、突然に定期航空便を取り消しています。
FlightAwareサイトからの地図は、世界中で取り消された定期航空便の多数が★米国内であることを示し、そして空港によって、多数は、★ニューマドリッド破裂によって影響を受ける空港―ダラス、ヒューストン、マイア、アトランタ、シカゴ、ニューヨークおよびDC―です。 航空会社は、口実を提示していますが、★米国のすべての主要な航空会社は定期航空便を取り消しています。
どうしたのでしょうか?
軍事政権と彼等の操り人間バイデン政権は、★ニューマドリッド地域の上空を飛行するかもしれない定期航空便を着陸するように警告的な命令を発しています。

予測されている主要な破裂は、今か今かと予想されています。
軍事政権は、水中の地震計を設置し、★分離と破裂がメキシコ湾を通ってニューオーリンズまでずっと移動することを指摘します。 ★航空会社は、一般の人々に早期に警報することを欲しないので、沈黙することを誓っています。
しかし空中の定期航空便は、着陸しなければならず、★着陸するために安定した空港と滑らかな滑走路を必要とします。
ロイヤルティ諸島での群発地震が、★圧縮された太平洋と南米とカリブ海が結果として西へ滑動するための充分な空所を与える状態を生じるので、その結果1~2日で活動は、ニューマドリッドの破裂に戻るだろうと、私達は、最近、予測しました。
★その時は、今です。

そして確かに、3月31日のロイヤルティ諸島の群発地震の間に、★ゼータ達が警告を発したほんの数日後に航空機の強制着陸が起こりました。彼等は、ニューマドリッドのドラマがすぐに舞台中央に戻るだろうと述べました。 これは、それから、★4月4日にオザークの硬い岩での一続きの地震とともに起こりました。

ゼータトーク 予測 3/31/2022:
ヒマラヤ山脈の下へ押し込まれることへのその抵抗として“ブレーキ”と考えられる★インド‐オーストラリア・プレートは、すべての他のプレートの移動を制御します。
インド‐オーストラリア・プレートは、★その東端をニュージーランドの上方へ持ち上げており、これは、★太平洋プレートがその端の下へ滑り込むのを可能にします。 もちろん、南米プレートにしっかりと固定されるカリブ海プレートとともに西方へ緩和する南米の姿勢における反応があるでしょう。
これは、★北米プレートの本土部分の南西への滑動を増強します。

カリブ海と中米が太平洋へとそろそろと慎重に動いていることによって、★メキシコの先端は太平洋に押し込まれていっています。
これは、どの動きも、起こっている筋書のできたドラマにおけるこの優勢なドラマを結果として生じるように、★本土部分の南西への滑動を加速するでしょう。 それは、まるで聖歌隊の大きな声の歌い手が、他のどの歌い手の声も聞くことができない程優勢になるかのようです。
したがって1日か2日以内に、ロイヤルティ諸島でせいぜい大きな群発地震がこの筋書きのできたドラマに移動し、★ニューマドリッドの大団円が再び中央舞台に立つでしょう。