カテゴリー
未分類

Q&A: “ぐらつき”の捻じれ

ペルーで、昨日巨大地震が起こりました。 今、★南極境界で再び地震があります。
★何が、太平洋がこのように圧縮する状態を引き起こしているのですか?


ゼータトーク・サーガの間の初期に、★ニビルが“通過”のために接近する際に地球に及ぼす捻じれ効果を、私達は説明しました。
ニビルは、その北極を地球の方に向けて、同時に★地球の南極を強く引っ張っる一方で地球の北極を押し離します。 地球の自転は、★これらの運動が交互に起こるような状態です。 ★振り回すことによって、地球のプレートは、緩められて、インド‐オーストラリア・プレートは、動き始め、ヒマラヤ山脈の下に駆り立てられて、ニュージーランドの末端で上昇しています。

最近のペルーの地震は、一般的に太平洋の圧縮の場合と同様に、★この捻じれの影響下にありました。
★プレートの調整毎に、別のプレートでの反応を発生するでしょう。 広がるレベル10の内のレベル7の段階を詳述することで、ポールシフトの1時間の間にプレート移動が続いて起こる台本によるドラマを、私達は言及しました。
現時点で、ドラマは、南極大陸、南太平洋、およびアフリカプレートを含みます。 ペルーの地震は、★結果として南大西洋が片揺れを起こす南極プレートへの推進に伴われています。 これをおこなっている影響力は、★“毎日の地球のぐらつき”です。