カテゴリー
未分類

818: ニューマドリッドの因果的連鎖

The ZetaTalk Newsletter
2022年6月5日 日曜日 ★818号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候
★ニューマドリッドの因果的連鎖

最後のニューマドリッド破裂を待つことは、断層線の小さな町とミシシッピ川に沿って、そしてセントローレンス水路に沿って北上するニューマドリッド断層線に明らかに焦点を集中します。
このルートが破裂するために、多くの他のドラマが起こらなければなりません。ゼータ達が予測したように、★2021年末以来最後の破裂が進行中であり、姉妹の断層線―東海岸断層線、ラマポ断層線、およびアパラチアン山脈に沿って北上する断層線―に沿って多くの前に存在した災害を含みます。

現在、★北米の本土部分が南西に滑動して、2009年以来それに課されていた弓の形を緩和しています。 この弓の緊張は、★2013年に西海岸での弓の緊張下の岩からのCO(一酸化炭素)とSO(硫黄酸化物)とメタン放出に見ることができました。

ゼータトーク 説明 4/30/2011:
マリアナとフィリピン・プレートが傾いて折り重なる時に、この動きは、★真東にあるメキシコに影響を及ぼします。 北米大陸のこの部分は、予想されるニューマドリッドの調整の前に極端な弓状圧迫下に北米を置く、南米の回転と一致して移動します。 これは、メキシコと同様に、米国南西部とテキサスを通って東で主として感じられるでしょう。

ゼータトークコメント 9/12/2009:
大陸がその平らな先端によって過度に保持される一方で、★アリューシャン列島とメキシコの先端が互いの方へ強制される場所で北米大陸が置かれている“弓のしなりの緊張”について、私達は繰り返し言及しています。 緊張は明らかにしています。

今、この弓のしなりの緊張が緩んでいっており、そしてまた以前のように西海岸が地震で被われており、ビッグサーのヘリプロットは、間断なく黒いです。
アフリカプレートが落下することができるように★トルコ近くの“岩の掛け鉤”がポキンと折れるのを私達が待っており、★ニューマドリッドの小さな町の北の硬い岩の“掛け鉤”がポキンと折れるのを待っている一方で、★北米の本土部分がココスプレートに重々しく着地しているのを、私達は見ることができます。

北米大陸の最西端は、★日本の方へ南下する“掛け鉤”とともにベーリング海峡を横断してロシア極東への伸びる部分です。 ゼータ達によると、この“掛け鉤”は、実際に北米の一部であり、★どれほどの圧力が掛けられようとポキンと折れることはないでしょう。
ゆえに★どのような動きが最後のニューマドリッド破裂の引き金を引くのでしょうか?

★ロシアの半島は本当に北米の一部なのですか?
2006年5月2日

https://www.washington.edu/news/2006/05/02/is-a-russian-peninsula
北米とアジアの間の地殻構造プレートの収束点のこの視点で、カムチャッカ半島は、地図の中央で箱の中のオホーツク区画に存在します。 何年間も、地質学者達は、ロシアの東海岸の謎と秘密に被われたカムチャッカ半島が実際に米国本土とカナダとメキシコと同じ地殻構造プレートに位置するという信念を秘めています。

ゼータトーク コメント 5/31/2022:
ニューマドリッド調整の時期が近付いているので、★北米プレートのすべての部分に大きな圧力があります。 本土部分が南西に滑動していき、ココスプレートの重々しく着地するという事は、充分に定着されています。
これは、★北米プレートの山の多い西半分を通して地震の頻発を引き起こしています。
しかしニューマドリッド調整の鍵は、★ニューマドリッドの町の真北の硬い岩の橋がポキンと折れることです。 これらのオホーツク地震が意味することは、調整できるすべてが既に移動しているか、既に移動中であり、★ニューマドリッドがそれ自体ポキンと折れること以外に残っている事はないということです。

ゼータトーク 予測 2/10/2006:
カムチャッカ半島近くの北米大陸の事実上の陸の“掛け鉤”は、堅い岩であり、★別の陸のプレートになるようにポキンと折れることはなく、そうだったとしても、これが★北米プレートとユーラシアプレートに沿った行き詰まり状態を緩和することもないでしょう。
これらの巨大なプレートは、移動することができません。 しかしポールシフトに先行する主要なドラマは、★動くことができないプレートが耐えなければならない引き裂く活動であるでしょう。
この間に大災害の注目に値する地域は、★米国大陸の東半分です。 ★ヒューストンからシカゴへニューイングランドまで、対角線上の牽引は諸都市の土台を引き裂くでしょう。

★何が最後のニューマドリッド破裂の引き金を引くのでしょうか?
トルコの下に達するアフリカプレートでの”岩の掛け鉤”がポキンと折れることがアフリカプレートが落下するように折れなければならない点で、★“アフリカの回転”には果たす役割があると、私達は伝えられています。 レベル10の内のレベル7のプレート移動の間で、“アフリカの回転”、“ユーラシアの伸張”、および“ニューマドリッド破裂”だけが完了するために残っていると、私達は伝えられています。
5月19日に、数回の大地震が突然大西洋プレートの境界で記録されました。 これらは、南大西洋での地震、太平洋を縁取る地震、および磁南が存在するタスマニア近くでのいっそう多くの地震を含みました。

★マグニチュード6.7地震がマッカリー島地域を襲う―USGS
2022年5月19日

https://www.usnews.com/news/world/articles/2022-05-19/magnitude-7-3
マグニチュード6.7の地震が★南太平洋のマッカリー島地域を襲いました。

結果として起こるニューマドリッドの最後の破裂のために、これが意味することを、ゼータ達は説明します。
南極プレートは、★アフリカが落下するための空所を開けるように南大西洋へと押し込まれていっています。 アフリカの落下は、トルコ近くの“岩の掛け鉤”をポキンと折って、★アゾレス諸島が破裂するのを可能にします。 これは、★北米プレートの南東部分がミシシッピ川に沿って破裂して、ニューマドリッドの小さな町に掛かる岩の陸橋を砕くのを可能にします。
ほら、見てごらん。

ゼータトーク コメント 5/19/2022:
地震地図の世界的危険地点は、進行中のプレート移動について私達に、何を教えることができるのでしょうか?
去る3月の最後のレベル10の内のレベル7のプレート移動の状態の間に、私達は、★“アフリカの回転”、★ユーラシアの伸張、および★ニューマドリッドがまだ完了していなかったと述べています。
この時点で、3つすべてが地震地図に現れることは驚くべき事ではありません。

アフリカが落下するために、南大西洋は、広がって、★アフリカプレートの南部がその方向に捻じれるのを可能にしなければなりません。
太平洋の圧縮の間に南極プレートがそこで押される際に、南米の先端とアフリカの先端の間で新大陸の上昇するだろうと、私達は長い間予測しています。 これは、明らかに進行中であり、★アフリカが落下する空所を作っています。
大西洋へと滑り込んでいるアフリカの重さは、トルコ近くの“岩の掛け鉤”がポキンと折れるように強制して、これが★ニューマドリッドの過程の残りの引き金となるでしょう。
ココスプレートへと落下する本土部分は、明らかに用意しており、待っているだけです。

大西洋が押し離されて、太平洋が圧縮する際に、★ユーラシアの伸張が促進されます。 これは、★私達が長い間予測しているロシアの内陸湾の最近の出現によって、劇的に示されます。 これがポールシフトの間に出現するだろうと私達が予測した点で、ルートは、内陸で準備されていっており、結果として★ウラル山脈までずっと新内陸湖を生じるでしょう。
★ポールシフトは、インド洋近くの陸地を引き裂いて、海洋の海水がロシアへと流れ込むのを可能にします。

案の定、南極地震とゼータトークの予測のほんの1日後にジブラルタルは、引っ張り離されていました―★進行中の“アフリカの回転”の証拠。
群発地震は、■上部(北部)大西洋断層が引っ張り離され始めるにつれて、★アイスランドとグリーンランドで本格的に始まりました。