カテゴリー
未分類

818:サル痘

The ZetaTalk Newsletter
2022年6月5日 日曜日 ★818号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

サル痘

mRNA蛋白質は、mRNAワクチンがどのように働くのかに対して固有です。 それは、免疫系を絶え間なく一蹴し、したがって免疫系を疲弊します―一時的なAIDSのタイプ。 特にサル痘は、★免疫系が損なわれている人々の牽引力を獲得します。
★一般の人々がCovid‐19詐欺伝染病計画に賢明になっているように見える点で、絶望的なエリート達は、次に何をするのでしょうか?
一般の人々がニビルに気づくようになり、彼等が★真実をエリート達によって否定されていると激怒した彼等が、最近スリランカで発生しているように、★エリート達を見つけ出して復讐するのを恐れています。
★庶民がこれをおこなうのを、何が止めたのでしょうか?
★別の世界的流行病が封鎖を強制します。

★サル痘では英語でKを発音しません。
2022年5月21日

https://strangesounds.substack.com/p/the-k-is-silent-in-monkey-pox
2021年3月に、★研究室で遺伝子操作された病原体を使用するテロリストの攻撃によって引き起こされたサル痘の異常な菌株を含む世界的流行病を模倣する卓上訓練を指揮するために、ミュンヘン安全保障会議とNTIは、提携しました。 SIGAテクノロジース&バーバリアン・ノルディックは、★発生が始まるほんの数日前の5月12日現在、サル痘ワクチン生産のために、米国や未公開のヨーロッパ諸国のような最初の世界の国々と公式契約を結んでいます。

昨年11月に天然痘の警告がありましたが、天然痘は、★積極的な予防接種プログラムによって世界中で根絶されたと考えられている点で、疑わしいように見えます。 他方でサル痘は、比較的新しく、2017年以来の記録の内でだけで、ワクチン無しです。
★製薬会社がワクチンを開発し、エリート達が封鎖を強制する、何という好機でしょう!

★ビル・ゲイツは将来の世界的流行病を妨げるために数10億ドルの資金調達を入れる際にテロリスト達が天然痘を生物兵器として試して使用するだろうと警告します。
2021年11月4日

https://www.dailymail.co.uk/news/article-10166787/Bill-Gates
億万長者のマイクロソフトの創設者は、世界の指導者達が、どのような費用が掛かろうとも、★‘天然痘テロ攻撃’のような災害の準備をしなければならない、そして新たな10億ドル規模の世界保健機構の世界的流行病特別部隊の編成を招集しなければならないと警告しました。

ゼータトーク 確証 11/30/2021:
 一般民衆が★ニビルの存在を知るようになるのを恐れているエリート達が、★一般民衆を病気にして弱らせようとしていると、私達は警告しています。 彼等は、暴動と要求を恐れています。
★エリート達は次に天然痘を試みるかもしれません!

サル痘は、簡単に蔓延せず、それをおこなうために★感染した人物との接触を必要としています。
それは、★その蔓延を明らかに助力されており、アフリカに旅行していない人々に発生しています。 しかし★Covid‐19のためのワクチン接種して追加抗原刺激をした人々が免疫系を疲弊して、どの新たなウイルスにも屈服した点で、サル痘は、この時期に継続的な封鎖を欲しているエリート達の間の人々によりほんの少し励ましただけでCovid‐19を辿りました。

★スコット・ゴッティーブ博士は、増加するサル痘の症例はその蔓延が“かなり広範囲な”ことを示唆すると言っています。
2022年5月20日

https://www.cnbc.com/2022/05/20/dr-scott-gottlieb-says-the-rising-monkeypox
これは、★蔓延するのが困難なウイルスです。
2017年にナイジェリアで再発生したサル痘は、過去数週間で数か国に蔓延していっており、保健当局は、ウイルスについて臨床医達と一般の人々に警告するためにあわただしく行動したままです。 ウイルスは、★1年で5件から10,000件の症例をどこかしらで報告しているコンゴ民主共和国とともに、数か国で蔓延しています。
サル痘: 心配する時間ですか、それとも無視する時間ですか?
2022年5月20日

https://www.bbc.com/news/health-61524508
少数の症例は、以前に世界の他のどこかで持ち上がりましたが、すべてが即座に冒された国に旅行をして自宅に持ち帰った誰かに繋げられました。 それは、もはや症例ではありません。
初めて、ウイルスは、★西アフリカと中央アフリカにまったくつながりの無い人々に見つけられていっています。 ★人々がウイルスを誰から感染しているのかは、はっきりしていません。
★サル痘についてあなた方が知る必要のあるあらゆる事柄。
2022年4月3日

https://facty.com/conditions/viral/everything-you-need-to-know
★サル痘は、現在根絶されている人天然痘に類似した、滅多に無い人獣共通伝染病のウイルス性疾患です。
ウイルスは、ポックスウイルス科のオルソポックスウイルス属に属します。 天然痘、牛痘、および天然痘ワクチンの一部である痘疹(ワクシニア)の原因となるものである痘瘡ウイルスは、オルソポックスウイルス属でもあります。 サル痘は、★中央アフリカと西アフリカの地域で最も目立っています。 天然痘よりも軽いけれども、致命的でもあり得ます。

ゼータトーク コメント 5/21/2022:
 突然に、★まさにCovid-19の新症例が極端に減って一般の人々がマスクを身に着けて封鎖に協力することについて反抗的になってきた際に―サル痘が発生します。 タイミングが疑わしいならば、感染ルートは、さらにいっそう疑わしいです―★ヨーロッパ、カナダ、オーストラリア、および米国で始まっています。
★これらの市民達が突然にコンゴを訪問することを決めたのでしょうか?
サル痘は、非常に稀なので、2017年以来西側の★医薬品に知られるようになっているだけです。 水疱瘡や天然痘と同じ科なので、ゆえにこれらの同系統のもののワクチンは、おそらく一般民衆に与えられます。

 何故、これが問題なのでしょうか?
多くのワクチンは、免疫系がワクチン接種過程を抑制することを想定して、生きたウイルスで開発されています。
しかしCovid-19のためにファイザーワクチンを接種した人々、そして特に追加抗原刺激を受けた人々は、★スパイク蛋白質の絶え間ない生産のために弱体化し疲弊した免疫系があるでしょう。 したがって、医師達が、AIDSの類であるようなADEについて警告しているように、ADEは、サル痘または同じ科からのウイルスのためにワクチン接種されるときに、★ワクチン接種されている人々が本格的なサル痘を発生するのを可能にするでしょう。
★まさに怯えたエリート達が封鎖を再設立するために欲しかったものです。