カテゴリー
未分類

819: 学校銃乱射事件

The ZetaTalk Newsletter
2022年6月12日 日曜日 ★819号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候
★学校銃乱射事件

また以前のように米国で、今回、18人の幼い子供達が小学校で虐殺された★テキサス州ウヴァルデでの皆殺しの学校銃撃事件がありました。 犯罪者には、彼の★高校のクラスの卒業式に含まれていないことに怒っていたという事実以外の他に、明白な動機がありませんでした。
銃撃事件が多くの理由―ギャング戦争によって引き起こされた遠隔視聴者の影響、偽旗事件を生じること、政治的暗殺の隠蔽のために、または利益または復讐のために―でおこなわれる可能性がある点で、大部分が★明白な動機の欠如のために当惑しています。
ゼータ達は説明します。

子供達は怖がる: ★テキサス学校銃撃犯人は18歳の誕生日に2丁のライフルを買いました。
2022年5月24日

https://www.thedailybeast.com/robb-elementary-school-gunman
数人の元友人達は、彼(容疑者)が学校に現れるのを止めて、今年、最高学年を卒業するつもりはなかったと言いました。 隣人は、彼(容疑者)の祖父母達と住んでいたラモスが卒業しないことで怒っており、彼の祖母と口論になったと言いました。
★ラモスは、どもりや舌足らずを含んだ発話障害を巡ってたびたび虐められました。 ★彼(ラモス)は、常に人々の車に卵を投げつけ、車からBB銃で見知らぬ者達を手当たり次第に撃っていました。
★バイデンはテキサス州ウヴァルディの小学校銃撃事件後に銃規制を要求する。
2022年5月24日

https://www.foxnews.com/politics/biden-responds-uvalde-texas
射撃者は、サルヴァドール・ラモスがロッブ小学校で発砲して、少なくとも18人の学生達と1人の教師を殺害したと識別されました。銃撃犯人もまた死亡しました。
★銃撃犯人はテキサス州の学校での凶暴な行為で19人の子供達と2人の教師達を殺害する。
2022年5月25日

https://www.yahoo.com/news/gunman-kills-19-children-texas
★テキサス州小学校で19人の子供達と2人の教師達を殺害した18歳の銃撃犯人が、教室内部に防塞を築き、彼の射線上に居る者に発砲したと、水曜日に当局者は、陰惨な、長年にわたる教会と学校と店舗での一連の大量殺害事件においてもっとも最近の事件を描写して言いました。
★学校大量虐殺事件はテキサス州の銃乱射事件の残忍な路線を継続する。
2022年5月25日

https://apnews.com/hub/school-shootings
また以前のように、アメリカの致命的な銃乱射事件の1件がテキサス州で起こりました。
過去の銃撃事件は、日曜日の礼拝の間の礼拝者達、ウォルマートの買い物客達、高校構内の学生達および高速道路の運転者達を標的としました。 テキサス州での銃乱射事件とそれに続いた、あるとすればほんの少量の制限の周期は、議会で、★より厳しい法律を妨げようとする共和党(GOP)の取り組みと結果として起こる民主党といっそう厳しい銃制御の支援者達からの怒り(の周期)を反映します。
★テキサス州での銃撃事件は、全米ライフル協会がヒューストンでの年次総会を開催するように設定される数日前に発生しました。

ゼータトーク コメント 5/31/2022:
特定の学校銃撃事件での銃乱射事件は、増加中であり、米国においてだけではありません。
★犠牲者になることを拒絶する地球上の利他的な魂達の増加によって、利己的な魂達がますます阻止されて欲求不満になっている“変容”への関連を、私達は指摘しています。
銃撃者達は、栄光に輝いて死に、この方法で、彼等の新たな故郷となる★“収容所惑星”での高い地位に達するように助言する利己的存在の大使達によって協議されます。 彼等(銃撃者達)は、★卒業の階段を昇って大量虐殺を犯します。

これは、米国での数件の大量虐殺事件―特に1999年のコロンバイン事件、2006年のアーミッシュ学校虐殺事件、および2007年のバージニア工科大学銃撃事件―の間の状況でした。 これらの事件の多くで、★犯罪実行者は、長年燻っている激怒を心に抱くことによって霊的指向性を示します。
私達が言及しているように、これは、★利己的な個人の鍵となる兆候です。 サルヴァドール・ラモスは、★この燻っている激怒があり、舌足らずがあり学校で落第することで虐められていたという歴史がありました。 、

2013年の海軍造船所の事件の場合のように、★遠隔観察者達によって影響を受けることができる殺人傾向のある個人達が実際に存在するので、すべての銃撃事件がこの範疇に入るわけではありません。 有名なサンディフック事件は、伝統的な原因―★利益のための殺人―があった別の実例です。 ★銃撃者は、彼の相続権を失うところであったので、彼の兄弟のID(身分証明証)を現場に残す一方で、学校で彼の母親を殺害しました。
何故、米国は世界の他の国々よりもむしろこれらの事件が多いように見えるのでしょうか?
(米国憲法)第2修正条項のために、銃は、簡単に入手でき、関与した政略のために、これらの事件は、★メディアの注意の多くを引き付けます。 まさに★利己的存在の相談役が欲することです!

ゼータトーク コロンバイン事件 1999:
リトルトン大量虐殺事件は、もちろん唯一の事ではありません。
最近、数件のそのような大量虐殺があり、そしてさらに数件があるでしょう、または学校に限られないでしょう。 多数の暴力または嗜虐的行為が人々が彼等の頭を搔きむしる原因となり、★これが起こる原因となるものを不思議に思います。 分析は、おこなわれています。
両親の(育児)放棄はあったのでしょうか?
それは、ロックンロール、彼等が食べた食糧、模倣行為だったのでしょうか?
その内のどれでもありません。
信じがたいことかもしれませんが、★特定の子供達が彼等の最終試験である霊達によって転生される分極化があります。 彼等は、束ねられて離れて、彼等自身の★同類達と住むために離れるように定められて、決定寸前ですが、★どの方向に彼等が行くべきかに関して多くの未決断状態がまだあります。
彼等が★共感して、彼等自身を大事にするのと同じくらい他の者達を大事にするのか、または彼等が★自己中心で、彼等自身のために得ることができる物のために行くだけであるのか。 彼等は、その★最後の一押しを必要とします。

ゼータトーク アーミッシュ事件 2006:
多くの非常に利己的な個人達が、彼等の退場を支配して、★潜在的に彼等から支配権を奪うだろうポールシフトを待たずに劇的な方法で終わらせる決断をしたので、★人類がこれらのエピソードをより多く予想すべきであると、私達は、コロンバイン事件の間に言及しました。
一括作用の一部として、幼い少女達の性的悪戯は?
★単なる殺害とテロ行為では充分ではなく、彼等は、達成基準を小児性愛へと引き上げて、互いに競争してあっています!

ゼータトーク バージニア工科大学事件 2007:
私達は、コロンバイン大量虐殺事件の後と、アーミッシュ学校大量虐殺事件の後にコメントを求められて、両方の時期に同じコメントをしました。 これらの銃撃事件には目に見える以上の事がありますが、冷酷な血の渇望のための理由は、人間の制御下にあるいくつかの秘密作戦ではなく★採用試験です。
銃撃者、犯罪者は、彼等が次に転生しているだろう利己的な者達の世界で★利己的な者達の間での階層組織でのめぼしのために採用試験を受けています。 ★地球は変容中です。
この次第に分極化する設定で、★彼等が常に豊富に見つけているお人好し達と犠牲者達と追従者達への接触をますます否定される利己的な者達の心的傾向に何が起こるのでしょうか?
利己的な者達は、要するに、立腹するようになります。 ★利己的ほぼ継続的な激怒の状態にいる人間によっておこなわれると、私達は述べています。

ゼータトーク サンディフック事件 2013:
家には、武器が備蓄されていました。 アダムは、彼の母親によって射撃訓練のために射撃場に連れて行かれていました。 アダムは、非常に知的で、アスペルガー症候群があるにしては、狂暴な行為の間、★自分の感情を制御できました。 アダムは、彼の兄のID(身分証明書)を使って逃れることを期待しました。 アダムは、すぐに大人になり、彼の母親が以前に管理していた資金を相続することを予想して手配しました。 彼の母親は、彼の資金を彼女が管理しつづけるようにする申請書を提出する手続きをしており、これによって、★彼女の死の認可証に調印することになりました。

ゼータトーク 海軍造船所事件 2013:
一見したところでは、DCの海軍造船所の銃撃者には、2004年にタイアを撃ち、2010年に上の階の隣家の床をとおして撃って、★「馬鹿にされた」と感じた時に銃を使う経歴がありました。 彼のことは、★事件のために2011年に予備軍から彼を除隊されたことを、海軍に記録されてさえいました。
さらに彼は、彼の機密委任の許可を保持して、下請け業者として、造船所内へ入るのを認められました。
★「“遠隔観察者達”が殺人的傾向のあると知られる誰かを刺激するために使用された」と、私達は述べました。
★銃撃者のくすぶっている恨みを多大に刺激することが、過酷に要求されました。