カテゴリー
未分類

NL824: Qの復帰

The ZetaTalk Newsletter
2022年7月17日 日曜日 ★824号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候
★Qの復帰

2020年12月にQが投稿を停止したときに、ゼータ達は、彼の最後の投稿の1つを、★如何に西側メディアがハザールマフィア(悪魔主義者達、ロスチャイルド銀行システム、およびニューオーダーワールドとしても知られる)によって支配されていたかについてコメントすることによって説明しました。
米国には第一修正条項の言論の自由の権利があるので、これは、克服するのが難しい難物でした。 人は犯罪者を逮捕することができますが、戒厳令の対象とならないかぎり★第一修正条項を逮捕することができません。
★軍事政権が複数の戦線に対処して、内戦を扇動することについて懸念したことを考えると、進行中の秘密の戦争は、2020年選挙詐欺を解決するための裁判地であるように強いられました。

ゼータトーク 洞察 1/31/2021:
より広範な事情は、通例シープル(付和雷同人間)として言及される★一般の人々を教育していきます。
Qは、頻繁に愛国者達が従事することの必要性に言及し、そして11月12日の彼の投稿の詩的な文―★「時折あなた方は光を見るために暗闇の中を歩かなければならない」―は、2020年選挙詐欺を逆転する苦闘には二重の目的があるとはっきりと述べます。 1つは、★盗難の訂正であり、そして他の1つは、★一般の人々を教育することです。
★メディアは、ハザール人の悪魔主義者の方針に感染されているニューワールドオーダー集団によって所有されています。

★Qの1年後のQAnon
2021年12月8日

https://www.ft.com/content/d4921e71-c841-433e-a4a9-f85ff7ca263c
以前のメッセージの1か月後くらいに投稿された、投下記事4953にテキストはなく、単なる音楽のユーチューブ動画へのリンクでした。 長たらしく酷く入り組んだ証拠によって喚起された活動にしては、正確に1年前に公開した最後のQのメッセージは、竜頭蛇尾のように感じました。 3年分の投稿が、世界全域にわたる自称研究者達の大規模なオンライン共同体をを確立するのを助けていた、★いわゆる高位の政府従業員であるQからのどのような兆候もありませんでした。
活動が知られるようになったQAnonは、数ヶ月間、2020年11月米国(大統領)選挙でドナルド・トランプのために大勝利を予測していました。
★反対の事が起こったときに、投稿が消えただけでした。

ゼータ達は、軍事政権が直面している複数の戦線を描写しました。
1.数州と議会の背信的な政治家達により支援された★2020年選挙詐欺
2.★カナダとDC下のトンネルでのCCPによる侵攻
3.南極大陸の“尖がり頭”異星人達によって指図された★悪魔主義者の小児の生け贄;
4.★暴動が(米国)内戦の脅威を生じるソロスが資金提供したアンティファと警察への出資停止。
軍事政権とヨーロッパの彼等の善玉同盟達は、素晴らしい進歩を成し遂げています。
これらの問題のいくつかが代替メディアにおいても存在して以来、どれほど長くかかったのでしょうか?
しかし★トランプ大統領の復帰は、秘密の過程ではありえません。 したがって★Qが復帰しているのです。

Qは、悪魔主義者に支配された民主党が2022年中間選挙の間に敗北を被るだろうと、彼の2022年対話で暗示しています。
これは、停滞した民事訴訟手続きが2020年選挙を訂正する、停滞した民事訴訟手続きが続行するのを可能にするのでしょうか?
再集計は、バイデンがほぼ確実に浮動州で勝利しなかったが、★SCOTUSが行動するのに抵抗していたことを示します。 ルー対ウェイドの逆転が発表されたのと同じ日に、Qが復帰したという事実は重要です。 物事は、★まさに活発になろうとしています!

★2年近い一時的中断の後にQAnonの創設者Qが戻る。
2022年6月24日

https://www.thedailybeast.com/qanon-creator-q-returns
金曜日の夜、Qのログイン経歴資格へのアクセスのある誰かが、2020年12月にQが最後に投稿した、無政府主義の集団である8kunに投稿しました。
★「もう一度ゲームしようよ?」という、伝言板へのQの帰還を印象付ける最初の投稿が読まれました。 Qの投稿者は、金曜日夜にさらに2つのメッセージの後に続きました。 何故1年以上彼等が消えていたのかを尋ねると、「こうしなければならなかった」と彼等は書きました。 ★「あなた方の国家にまた仕える用意ができていますか?」とQは別の投稿で書きました。 ★「あなた方の宣誓を思い出してください。」
★ルー対ウェイドが破棄された後に堕胎の権利に対する戦闘は州に移りります。
2022年6月24日

https://www.usatoday.com/story/news/nation/2022/06/24/roe-wade
ルー対ウェイドを覆す最高裁判所の重大な分岐点となる裁決は、国家全域にわたって憤激と祝賀を引き寄せ、広く事故もなく金曜日夜に一連の全国的な抗議において最高潮に足しています。 裁定前に然るべく施行された引き金となる法は、中絶が今、効果的に13週で自動的に、または金曜日の採決に続いた迅速な州の行動を通して事実上非合法化されることを意味しました。
他の数州の中絶の供給者達は、★医師達が刑事告発を恐れるために業務を停止しました。


ゼータトーク 要約 6/30/2022:
★ルー対ウェイドを覆しているSCOTUS(米国最高裁)とQの帰還の間の関連は、何でしょうか?
2020年12月8日にQが去ったときに、米国2020年(大統領)選挙での大規模な詐欺がおこなわれたばかりでした。 浮動州での選挙の高潔さは、★ディープステートと悪魔主義者達の影響力によって非常に侵食されていたので、驚くべき投票詐欺を訂正するために明確な進路はありませんでした。
米国軍事政権は★米国がカナダ国境に沿ってCCPによって侵略されていっていたことに気が付きました、ゆえに軍事政権はまた、★2つの戦線で戦っていました。
★アドレノクロムを飲んだ悪魔主義者達が南極の”尖がり頭の異星人達によって指示されていた点で、これは、実の所★3つの戦線でした。

トランプ大統領は、★2018年3月にジトモでの“裁きの場”を始めました。 これは、秘密戦争、★沈黙の戦争であるということでした。 マケインの除外とともに、処刑は、代役達の利用によって偽装されました。
軍事政権は、★クラーケンの証拠があったのでトランプ大統領が選出されたことを知っていましたが、3つの戦線を考えると、軍事政権は、★4つの戦線にする内戦に対処することができないと感じました。 ゆえに軍事政権は、遊び場を★平等にするために浄化を進行しました。 内戦の脅威は、★ソロスがアンティファに資金提供して警察への出資を止める運動で明白でした。

★小児違法売買ネットワークは、一掃されました。 反逆罪の政治家達は、拘留用足首ブーツとともに現れて、それから少々異なった外見で戻りました。
★ウクライナのような資金洗浄中枢は、排除され、一般の人々がロシアを敵として考えるのを可能にされたけれども、軍事政権は常に、★秘密戦争の間に彼等と密接に働いていっています。
Qは、前進への道が秘密戦争を通してであったという手掛かりとして2020年12月8日に公共の競技場を去りました。 ★アドレノクロムを収穫するために妊娠満期胎児でさえも中絶するのを可能にする傾向を取る極悪非道な中絶法が、Qが戻ってくる日に終了していることは象徴的です。