カテゴリー
未分類

Q&A: オデッサの穀物取引

★画期的なウクライナの穀物輸出取引が成立し&署名されました: トルコ。 2022年7月22日。
https://www.zerohedge.com/commodities/turkey-says-breakthrough-ukraine-grain-export-deal-being-finalized-signed
トルコは、イスタンブールでの激しい交渉の日々の後に、★ロシアとウクライナがウクライナの港からの極めて重要な穀物輸出の再開を考慮に入れた協定の署名を始めようとしていると発表しています。
ニューヨークタイムスは、★クライナがその港の地雷除去に関するカギとなる要求に妥協して処理するかもしれないと報告しています。 「トルコの大統領職は、署名式典がウクライナとロシアの間で仲介された取引を発表するために開催されると言っています」―国連支援の計画下でおよそ2000万トンのウクライナの穀物が放出されるのを可能にするだろうと、タイムズ紙は報じています。
トルコ大統領エルドガンは、穀物輸出について、世界に“良いニュース”をまさに伝えようとしていると言いました。
ロシアの防衛大臣セルゲイ・ショイグは、トルコに―思うに取引を締結するために―旅行していました。 とは言え、ウクライナ側は、直接ロシアとのどのような文書にも著名するのではなく、ウクライナとロシアが国連との穀物輸出に関する★“ミラー”協定に署名するだけであると言っています。

[別の質問者から]
★米国はウクライナのための米国製ジェット戦闘機について討議する。 2022年7月23日。
https://www.todayonline.com/world/us-discussing-america-made-fighter-jets-ukraine-1951476
ロシアとの紛争がまさに6か月目に入ろうとして、ウクライナ東部での戦闘が猛威を振るう際に、★米国が米国製のジェット戦闘機をウクライナに送ることができるのかどうかを模索していると、ホワイトハウスの広報担当官は報道記者達に話しました。 バイデン政権がウクライナに潜在的にジェット機を提供する可能性について予備的な調査をおこなっている一方で、動きは、即座におこなわれるだろう事ではありません。
ウラジミール・ゼレンスキー大統領は、今週、彼の軍隊が反撃と領土奪還を開始するために計画された活動において★西側の兵器にキエフがすがるので、ロシアに重大な損害を負わせることができると言いました。

[さらに別の質問者から]
ロシア‐ウクライナ戦争: ★ヘルソン地域を奪い返すだろうとウクライナは予測します; ミサイル攻撃後穀物輸出を再開することを推し進めます。 2022年7月24日。
https://www.msn.com/en-gb/news/world/russia-ukraine-war-ukraine-pushes-to-restart-grain-exports-from-odesa-after-missile-attack-%e2%80%93-live/ar-AAZUbZE
ウクライナは、今、ヘルソンの南部地域を9月までに奪い返すと予測しています。 ★ウクライナ農業の重要な地域であるヘルソンは、戦争の初期にロシアによって奪われました。 しかし西側の長距離砲の新たな供給で増強されたウクライナ軍は、最近数週間、地域で勝っています。

[さらに別の質問者から]
★下院議員はキエフへのHIMARSの出荷について更新を与えます。 2022年7月24日。
https://www.rt.com/russia/559557-himars-ukraine-supplies-us/
米国と西側同盟は、★ウクライナに追加の15基から30基のロケットシステムを提供することを意図すると、米国下院軍事委員会議長アダム・スミスは、明らかにしました。

[さらに別の質問者から]
★モスクワは鍵となるウクライナの港を武力攻撃の標的として明らかにします。 2022年7月24日。
https://www.rt.com/russia/559553-odessa-port-grain-ukraine/
ロシアの防衛大臣は、ウクライナの主要なオデッサ港に攻撃目標を確認し、そのミサイルが軍のインフラと武器の貯蔵庫に命中したことを明らかにしています。 攻撃はまた、★ウクライナ海軍の艦船が修理されている修理施設を機能不全にしました。
ウクライナ南西部の主要な交易の中心地であるオデッサの標的への集中攻撃は、ウクライナの港からの穀物輸出を再開するための国連仲介の協定の調印の翌日に起こりました。 キエフ当局によると、4基の巡航ミサイルは、オデッサ港への攻撃に使用され、伝えられるところによると、そこの所在した穀物サイロを標的としていました。
トルコと国連の仲介で合意されていたロシア‐ウクライナ合意は、戦闘により粉砕されていた黒海の港を通してウクライナの穀物輸出を再開するための枠組みを設定しています。

★ウクライナ紛争の犠牲者は、ウクライナのオデッサ港からの穀物輸出でした。 ★ロシアは、彼等の目標であったウクライナのロシア語を話す東部地域の占領を達成しています。
しかしウクライナが事業に復帰することを欲する人々は、喜んで譲歩しません。 ★ウクライナは、厳密にいうとロシアの一部です。 ★ウクライナのドンバス地域は、彼等のロシア語を話す市民達が計画的に根絶されていっていたので、ロシアからの助力を要請しました。
★現在のウクライナは、西側による2014年のクーデターと、ミンスク合意に対する彼等の約束不履行の結果です。

★ウクライナ東部はロシアの油田とガス田に隣接しており、ヨーロッパ連合とNATOは、これらの資産を渇望します。 ロシアは、侵略するための彼等(EUとNATO)の計画の証拠があります。 ウクライナは、ロシアを非難するための彼等の試みにおいて★“人間の盾”を使って、自国の市民達と志願者達を殺害する歴史があります。
この気候を考えると、何故ウクライナを信用するのでしょうか?
★トルコと国連は、ウクライナでの穀物の収穫物が世界へ輸出することができる取引を交渉しようとしました。
この期待は、どれほど現実的なのでしょうか?

★穀物取引がウクライナ戦争の作戦的行動を継続するための覆いとなることを避けるために、ロシアは戦場を一掃していました。
穀物はよろしい、米国からの武器輸入は、駄目です。
米国によって供給されたオデッサの武器貯蔵所を爆撃したと、ロシアは公的にこれを認めています。 今、穀物サイロは、世界へ給餌するために空にされることが可能です。
しかしこれは、★ウクライナの政治家達または後援者達が欲することではありません。 彼等が優位を獲得するために“人間の盾”をもはや利用できないのなら、彼等は、★影響力のためにウクライナの穀物を利用したいのです。