カテゴリー
未分類

Q&A: ノードストリーム2の漏出

ヨーロッパ諸国は、火曜日に、ロシアのウクライナ侵攻以来、エネルギー危機の中心部のインフラである、★スウェーデンとデンマーク近くのバルチック海の下を走っている2本のロシアのガス・パイプラインの原因不明の漏出を調査するために競い合いました。 専門家達と(ガス・パイプライン網を建設した)ロシアも、破壊活動の可能性は、排除することができませんでした。
それは故意の損傷だったのですか?
ゼータ達は、何と言いますか?

[別の質問者から]
https://cnn.com/2022/09/02/energy/nord-stream-1-pipeline-turned-off/index.html

[さらに別の質問者から]
https://cnn.com/2022/09/05/energy/energy-crisis-russia-europe-costs/index.html

[さらに別の質問者から]
https://www.cnn.com/2022/09/27/energy/nord-stream-pipeline-leaks/index.html

[さらに別の質問者から]
https://www.godlikeproductions.com/forum1/message5242302/pg1

[さらに別の質問者から]
★大規模な圧力漏出が海底のノードストリーム・パイプラインを襲った。 2022年9月26日。
https://www.politico.eu/article/gas-leak-detected-near-nord-stream-2/
バルティック海を走る3本のロシアからドイツへのパイプラインは、★大幅な圧力の低下を報告しました。
漏出の内2本は、★デンマークのボーンホルムの北島の2重のノードストリーム1パイプラインの近くで、そして1つの漏出は、★島の南東沿岸沖合のノードストリーム2近くで報告されました。

[さらに別の質問者から]
★大きな海底観測所が痕跡も残さずに消えて、科学者達を当惑させている。 2019年9月5日。
https://gizmodo.com/large-underwater-observatory-disappears-without-a-trace-1837897180
★ボクニス・エック観測所は、ドイツのキールの北でデンマーク国境の南であるエッカーンフェルデ湾の流入点に所在しています―あるいは少なくとも所在していました。
それは、★沿岸沖合1.8キロメートル(1.1マイル)で22メートル(72フィート)の深度に施設されていたと、BBCは報道しました。


ノードストリーム2の漏出は、破壊活動ではなく、技術的故障でもありません。
それらの漏出は、★ドイツとデンマークの間の海底断層線のために地質学的です。
ノードストリーム2は、ドイツの海岸線に接地するようにドイツの真北で、この地域を通過します。 この断層線の動きは、海底観測所―★ボクニス・エック観測所―が2019年に粉砕される状態を引き起こしました。
ユーラシアプレートは、私達が定期的に報告しているように、英国から中国まで伸張していっています。 ニビルが存在して、これらのプレート移動がニビルの接近の結果であることを★権力体制が認めるならば、一般の人々は混乱させられないでしょう。