カテゴリー
未分類

NL836: アフリカが回転する

The ZetaTalk Newsletter
2022年10月9日 日曜日 ★836号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★アフリカが回転する

“アフリカの回転”は、ゼータ達によって、レベル10の内のレベル7のプレート移動の一部として予測されています。
彼等(ゼータ達)は、アフリカがその足部を★西へ転移する一方で、その上部部分を★東へ回転するだろうと予測しました。 足部の西への転移は、足部での岩の緊張(先週のニュースレターで討議されたように)に見ることができます。
★回転は、ジブラルタルとシナイ半島の周囲でいっそう広い間隔を生じ、紅海を広げるでしょう。 ★アフリカが落下するにつれて、シナイとイスラエルを擦り過ぎて、災害を生じるでしょう。

ゼータトーク 予測 1/1/2011:
 レベル10の内のレベル7の筋書の間に、アフリカプレートが東へと回転して落下するときに、これは、もちろん、エジプトとシナイ半島への接続部分に影響を及ぼします。
ジブラルタル海峡は、アフリカが落下すると、★125マイルまで広がり、モロッコは、★遥か50マイルも西へ移動するでしょう。
シナイ半島がアフリカプレートの一部と考えられる点で、★紅海は、はっきりと引き裂け広がります。
したがって★ヨルダンへと引き裂けていくスエズ運河とアカバ湾で紅海の両岸が引き裂け開いて、★シナイ半島を数か所の直接の付着部分のある島のように位置付けたままにします。

アフリカププレートの回転は、★トルコの下で拡張する“岩の掛け鉤”によって抑えられています。
ゼータ達は、★この“岩の掛け鉤”がポキンと折れるときに、★“アフリカの回転”が加速してアゾレス諸島で引き裂け開いて、★ニューマドリッド破裂が続いて起こるように空所を生じると予測しています。
アフリカプレートがその東側に沿って落下すると、シリアとイスラエルを擦り過ぎて、★サウジプレートが前後に揺れる状態を引き起こします。 この擦り過ぎて揺れる状態で引き起こされた災害は、すでに明白です。 ★テルアビブ高速道路に陥没穴が出現しています。

ゼータトーク 予測 3/31/2021:
 アフリカプレートは、★アフリカプレートをしかるべく保持するシリアのV字型刻み目があります。 それゆえにインド洋へと落下するために、アフリカプレートは、★この落下の間にシリアとイスラエルを擦り通って紅海を圧縮しなければなりません。
★一度この圧縮を過ぎるとアフリカプレートは、地中海を引っ張り離すのに自由になり、多くの他のドラマが現れ出るでしょう。

ゼータトーク 予測 5/1/2022:
 アフリカ・プレートは、来るべきニューマドリッド調整に加わり、★アゾレス諸島を引き裂き開くのに充分な回転によって参加します。 この活動は、★最終的なニューマドリッド破裂に先行し、現在、★アフリカプレートが東側で落下するのを妨げているトルコ近くの“岩の掛け鉤”がポキンと折れるときに起こるでしょう。
この“岩の掛け鉤”は、はっきりと地殻構造プレートの境界線地図に見ることができますが、どの位置がアフリカとともにとどまり、どの位置が小プレートになるのでしょうか?
★トルコとキプロス島の海岸線すべては、シナイ半島で起こるように、このポキンと折れる間に離れるでしょう。

ゼータトーク 予測 5/25/2022:
 ★アフリカプレートの落下している重さがトルコの下に達する硬い岩がポキンと折れるように強制し、これがアフリカプレートが死海プレート境界に沿って滑落するのを可能にします。
この“アフリカの回転”の影響は、地中海に沿ってずっとの災害とアゾレス諸島での破裂を含み、北米大陸がまっすぐになるのを可能にして、★その西側に課された“弓状のしなり”を訂正しているそこでの弱点を生じています。 これが、★ニューマドリッドの最終章の引き金を引きます。
★プレート移動のこのドミノ効果は進行中ですが、2022年内の近い将来のある時点で、ニューマドリッド最終章を引き起こすでしょう。


★テルアビブ主要高速道路で大きな陥没穴が開く。
2022年9月17日

https://www.timesofisrael.com/large-sinkhole-opens-on-main-tel-aviv
★陥没穴が開く状態を、何が引き起こしたのか分かりませんでした。

ゼータトーク コメント 9/17/2022:
 2011年に、レベル10の内のレベル7のプレート移動の間の“アフリカの回転”が、シナイ半島の両岸への接続が広がる状態を引き起こして、事実上★シナイを島にすると、私達は描写ました。 私達はまた、★“回転”の間にアフリカプレートの回転がエジプト北部での地中海の海床を深くして、紅海を広げて、サウジプレートを揺さぶるだろう事も述べました。
2021年に、★事象の連続がニューマドリッド最終章へと次第に誘導すると描写しました。 トルコの下の“岩の掛け鉤”がポキンと折れる状態は、この過程の重要な部分であり、★地域にとってトラウマ無しに進行しないでしょう。

 シナイがアフリカプレートを離れるだけでなく、落下していくアフリカプレートのトラウマは、★シリアとイスラエルとのサウジプレートの境界に沿って削っていくことを免れない二重の忠誠のある陸地を含むでしょう。
スエズ運河が浚渫されなければならない点で、アガパ湾は、★アフリカプレートが過去に頻繁に回転して、このプレートの境界がその印を残す状態を引き起こしたので深いです。
今、紅海が同様に深くなるでしょう、 しかしアフリカが大陸移動に参加すると予想されるので、★中東にとり最終章は、まだ書かれていません。 ポールシフトの間の地殻変動は、★イラクの人間の油性の只中にホロコーストを引き起こすでしょう。

その間に、★9月19日にココスプレートに隣接するメキシコ海岸線での大規模地震は、地震地図を特色づけました。 これは、その日、世界最大の地震でした、そして世界中のすべてのヘリプロッツが反応し始めました。
メキシコ沿岸沖合とセントローレンス水路近くのブイが反応して、★北米大陸全体が急激に揺さぶられたことを示しました。
9月17~18日のほんの数日前に台湾は、大規模な群発地震を体験して、フィリピンプレートの傾きが増加して、★フィリピンプレートを台湾の下へ押し込んでいることを示しました。
太平洋は、圧縮されており、それゆえに★北米の本土部が落下するのを可能にしていました。

★予備的なマグニチュード7.6地震がメキシコの西海岸を襲う; 津波警報発せられた。
2022年9月19日

https://www.cbsnews.com/sacramento/news/preliminary-7-6
米国地質調査所によると、予備的なマグニチュード7.6地震は、★メキシコの比較的人口のまばらな大西洋岸中西部のアカプルコの北西約300マイルのラ・プラシタ・デ・モレロス近くに中心をおかれました。
★震央から300マイル以上離れているメキシコ市と同じくらい離れている人々は、軽い揺れを報告しました。
★メキシコのミカオカンの沿岸近くで7.6。
http://ds.iris.edu/ds/nodes/dmc/tools/event/11599611
日付/時間 ★2022‐09‐19 18‐05‐06UTC

★M6.9―台湾―2022‐09‐18 06:44:17 UTC
https://www.emsc-csem.org/Earthquake/earthquake.php?id=1170004
★M6.5―台湾―2022‐09‐17 13:41:19 UTC
https://www.emsc-csem.org/Earthquake/earthquake.php?id=1169740

ゼータトーク 分析 9/19/2022:
 ★過去数か月以上発生している“酷いぐらつき”は、プレート移動に影響があります。
★太平洋が圧縮して、大西洋が横揺れして開く“筋書のあるドラマ”は、加速していっています。 これは、★台湾での大地震の多発がメキシコ国境でのココスプレートに沿って大地震を生じることから見ることができます。
北米の本土部分は、落下していっており、★ニューマドリッド断層線の源に緊張を配置しています。 これは、★テフアンテペク地峡での過度の深部地震に見ることができます。

 ★地震のドミノ効果は、東西へ移動するような状態です。
これは、ゼータトーク内で充分に立証されています。 したがって★北米の西海岸が本土部分が下と西に転移するのを可能にすることによって台湾の群発地震に反応したという事実は、驚くべき事ではありません。
次に予想されることが可能な事は、生じた空所へとアフリカプレートがその末端部を落下する一方で、★南大西洋で広がり離れていく大西洋での反応です。 大地震は、★トルコの“岩の掛け鉤”がポキンと折れるときに予想することができます。