カテゴリー
未分類

NL837: 宇宙軍の表示

The ZetaTalk Newsletter
2022年10月16日 日曜日 ★837号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★宇宙軍の示威運動

米国宇宙軍は、恣意活動で★」地球へ向かってくる小惑星を撃ち落とす能力を試験しました。 これは、9月27日に生放送されました。
★ロシアもまた、2013年にチェリャビンスクで地球に向かってくる岩の塊を撃ち落としました。
ゼータ達によると、★ロシアのミサイルと宇宙軍の“ダート”がおこなっていることは、正確におこなうべき正しい事です。狙って撃つ。
そのような打撃によって生み出された塵と小さな破片に何が起こるのでしょうか?
追跡写真は、それがまさに漂い離れて、★害を生じるために地球の方へ向かっていないことを示します。


★NASAは惑星防衛において重要な試験で小惑星を撃つ
2022年9月26日

https://insiderpaper.com/nasa-spaceship-strikes-asteroid
“NASAの矢”宇宙船は、月曜日に、宇宙の物体が地球上の生命を破壊するのを妨げるための、★人間の能力の歴史的試験で小惑星ディモルフォスを撃ちました。 ディディモスと呼ばれる兄貴分を公転する530フィート(160メートル)の小惑星ディモルフォス―およそエジプトのピラミッドに比較して―は、最初に衝突の1時間前頃に小さな光の染みとし現れました。
★(宇宙船)ダートが時速およそ14,500マイル(23,500キロメートル)でそれに向かって急速に移動した際に、そのバーガーパンの形で岩だらけの表面は、最終的に最後の瞬間にはっきりとした眺めになりました。
★NASAのダート作戦は惑星防衛脳直を試験するために宇宙船を小さな小惑星に意図的に衝突させます。
https://svs.gsfc.nasa.gov/13985
NASAのダートに関する目標は、小惑星が将来における地球との衝突進路上にあると発見された場合に、私達が★惑星防衛能力を準備することです。
小石の大きさから人の大きさまでの小惑星達の小さな破片は、毎日、地球に当たっています。 今後100年間、地球への衝突の脅威を生じる既知の小惑星はありませんが、まだ発見されていない小惑星達からの危険はまだ不明です。
ダート作戦は、実際の小惑星が変更の試みにどのように反応するのか、私達がそれを変更する必要があるのかを、私達が観察できるように、★小惑星の進路を変更するためのその種の最初の物になるでしょう。

ゼータトーク 助言 2/16/2013:
 明らかに小惑星ではなく、チャリビンスクの隕石は、惑星X、別名ニビルが、その広大な破片のいっぱいある尾を漂わせている、★太陽の方向からやってきました。 この隕石事件は、最初のものではなく、今回の通過の間の★最後のものともならないでしょう。
 火球は、惑星Xが2003年に太陽系内惑星系に到来して以来、増加しています。 それらは、どのような予想された定期的な流星雨の範囲も超えて、数カ国、または数省、または数州を横切って鋭い音を立てて飛びます。

ロシア人達は、チェリャビンスク隕石を撃ち落としたと主張しており、それがミサイルなのか、攻撃なのかは定かではなく、どのような事情にせよ★大きさと潜在的な衝突を減少しようとしています。 これは、真実であり、流星が大気圏によって減速され、燃え盛る流星が間違えようのない標的にしたので、彼等(ロシア人達)は、接続することができました。
★チェリャビンスク隕石は、地球へ降下してくる、いっそう大きく、いっそう破壊的な火の玉の新時代において先駆けとなるのでしょうか?
疑問無しに、そして★すべてが太陽の方向から来ています。

★ぶつかった小惑星の破片は6000マイル以上の距離を引きずられる。
2022年10月4日

https://www.yahoo.com/news/smacked-asteroids-debris-trail
NASA宇宙船によってぶつけられた小惑星は、今、★衝突から発生した散らばった破片を数千マイル引きずっています。
画像は、膨張していく6,000マイル(10,000キロメートル)以上の長さの彗星のような尾を示し、★衝突のクレーターから噴き出された塵と他の物質で構成されています。 この煙柱は、主に、太陽の放射物からそれへの圧力のために、無害な小惑星から離れるように加速していっています。
科学者達は、尾がさらに長く、いっそう遠くに分散して、ある時点で検出できないほど微細になると予想します。