カテゴリー
未分類

NL838: ウクライナのフィナーレ

The ZetaTalk Newsletter
2022年10月23日 日曜日 ★838号
世界と地球外からの毎週ニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候

★ウクライナのフィナーレ

10月8日に、ウクライナは、★ウクライナへのロシアのための供給ルートとして使用されていたクリミアへの唯一の橋を吹き飛ばしました。
ウクライナが自慢げに話して、米国のリベラルなメディアサイトが具体的であったので、★誰の手が引き金となったのかに疑いの余地はありませんでした。 それは、★ウクライナのSBUでした。

★プーチンはクリミア橋の爆破をテロ行為と呼んでウクライナを非難する。
2022年10月10日

https://www.reuters.com/world/europe/russias-ria-state-agency-reports
ロシアは、★ウラジミール・プーチン大統領がクリミアへの橋での爆発をテロ攻撃であると宣言した後に、明白な復讐で、月曜日の通勤時間の間にウクライナ全都市を襲って、市民達を殺害し、インフラを破壊しました。
★クリミアの橋の爆破の背後にウクライナ―米国メディア。
2022年10月9日

https://www.rt.com/russia/564343-ukraine-behind-crimean-bridge-explosion/
ロシアの戦略上重要なクリミアの橋に損害を与えて、少なくとも3人の人々を殺害した爆破は、★ウクライナによって画策されたと、ニューヨークタイムズとワシントンポスト両紙は、土曜日に情報源を引用して報道しました。
SBUと呼ばれる諜報機関が攻撃の背後に居ました。

2日後の10月10日に、ロシアは、報復をしました。
キエフを含むウクライナの至る所の★14のウクライナの都市をミサイルが襲いました。 キエフは、ウクライナ首都であり、ウクライナ大統領ゼレンスキーの現行の本部があるので象徴的です。
ベラルーシは、★ウクライナが自国への侵入を意図していたことを発見し、そしてそれゆえにロシアとの同盟を確立していたと発表しました。 ロシアは、最近、無意味では無い接近手段を採ることで知られている★スロヴキン将軍をウクライナ戦線へ配属していました。

★プーチン、ルカシェンコは合同地域部隊の配備に同意する。
2022年10月10日

https://sputniknews.com/20221010/putin-lukashenko-agree-on-deployment
ミンスクは、非公式のチャンネルを通して、★ウクライナからベラルーシ領土への攻撃を実行する計画について警告されていました。
ロシアのウラジミール・プーチン大統領とベラルーシのアレクサンダー・ルカシェンコ大統領は、★合同地域部隊の配備に同意しています。
★ロシア‐ウクライナライブ更新: ロシアのミサイルがウクライナ全域にわたって市民を標的として攻撃する。
2022年10月10日

https://abcnews.go.com/International/live-updates/russia-ukraine/
8月に軍が攻撃を開始したウクライナのヴォロディミール・ゼレンスキー大統領は、★ロシアが占拠した全領土を取り戻すと誓っています。
しかしプーチンは、9月に、★30万人もの追加の軍隊を招集すると予想される予備役兵の動員を発表しました。

★ウクライナがクーデターの結果である違法な政府で、すべてが非合法活動であり、悪魔主義者の陰謀団からの無限の資金によって支援されていると考えると―どのようにしてこの紛争は終わるのでしょうか?
★ロシア語を話す省の市民達がロシアのためのどのような同感も排除するためにウクライナ政府によって殺されていっていたので、ロシア語を話す省への要望で、ロシアは、東部ウクライナへと侵入しました。 そしてロシアは、★ウクライナを通ってロシアへの侵略が計画されていたことを示しているメモによって来ました。

したがって現行のウクライナの紛争は、ロシアによる先制攻撃でした。
最終的にこの紛争をどのように終わらせるのでしょうか?
★根拠の確実な内情通“エズラの影”は、ゼレンスキーの政府が排除されるべきであると述べます。 ミサイル攻撃の日の間に、電力停止がウクライナを苦しめて、インターネットアクセスが機能停止しました。
★ロシアの元大統領メドベージェフは、このすべてが単なる始まりであり、単なる“第1話”にすぎないと述べました。 ★戦争は、明らかにいっそう真剣になりました。


★ロシアの元大統領はウクライナの攻撃が“第1話”にすぎないと言っています。
2022年10月10日

https://insiderpaper.com/russias-medvedev-says-ukraine-strikes-only-first-episode-of-response/
ロシアの元大統領ドミトリー・メドベージェフは、ウクライナ全土でのロシアの報復的な大規模攻撃が“第1話”にすぎないと言いました。
「第1話は、演じられた。 他の話がある、」と、現在安全保障審議会副議長メドベージェフは、ソーシャルメディアに話し、★将来の目標が「ウクライナ政治体制の完全な解体」であるべきだと付け加えました。

ゼータトーク 予測 10/10/2022:
 1か月前の9月に、ロシアは、私達が★“罠”作戦と呼んだもので、ウクライナ領土を奪還するNATOの大侵攻に対抗しました。
ロシアは、NATOが押し入ったときに、彼等(NATO)が罠に掛かるように退却しました。 ★それからロシアは、これらの地域の人々に投票させる国民投票を実施して、彼等(これらの地方の人々)がロシア人であると考えており、ウクライナの支配から自由でありたいという事を決定的に示しています。
繰り返される敗北に直面して、ウクライナは、クリミアへの橋を爆破することによって★ロシアを供給品連鎖から遮断しようとしました。
2日後に、ロシアは、ウクライナの首都で、ゼレンスキーの本拠地であるキエフへの攻撃を含む、大規模なウクライナ全域にわたる★ミサイル攻撃で報復しました。

 ウクライナと国境を接するロシアの同盟国ベラルーシは、計画されたウクライナ侵攻について知り、同盟を確立しました。 ★ロシアは、ロシアの油田とガス田を確保するためのこれらの繰り返された試みを終わらせようとしています。
ニューマドリッド破裂がヨーロッパに対して撥ね返る津波を送るときに、パニックがあり、★パニックの最中に害意のための好機があるので、時間は短いです。
ロシアは、今回抵抗を止めたり停滞することが無く、★ウクライナのどの部分もEUまたはNATOの支配下に残すどのような手配にも同意しないでしょう。 ★クリミアへの橋を爆破することによって、彼等は、本質的に、どの休戦協定への彼等の懸け橋も燃やしました。